« デジカメ大いに悩む・・・ | トップページ | 「我々はいかに「石」にかじりついてきたか」菊地敏之著 »

2004/09/22

バンダナの彼女

初めて同じビルのエレベーターでその彼女を見たときは、なんて場違いな彼女だろうと思った。
場所は、オフィス街。いろんな会社が入っているのでまさか別の会社の人かと思っていたら・・・・・なんと、隣りの部署の人だった。

というのは、きれいな鮮やかなバンダナ姿の女性。彼女は背が低いので、小さくて可愛い感じと言えなくもないのだが。でも、うちの会社は、いちおう金融機関。お客様が直接くる部署ではないけど、バンダナ巻いた髪型はあまりに職場の中では一人で浮いている。

さすがに社員ではなくて、人材派遣会社からの人のようだ。社員なら、社員規則とやらで注意するんだろうけど、人材派遣会社は、一応別の会社の人だから、わざわざ言いつけるのも・・・・。

バンダナって、実は私は好きで、よく山とかで頭に巻いたり、首に巻いてタオル代わりにしている。でも、仕事でするならば、それはラーメン屋さんとか、飲食店、カジュアルなショップでする格好でしょ。TPOをわきまえてと言いたいが、そもそも男性社員は、言いづらいようで注意していないようだ。毎日、オレンジやら赤やら草色とか紺とか・・・・・・。バンダナの巻き方も決まっていて、それなりにカッコイイんだけど。でもね・・・・。 まさか、円形脱毛症だったりしてら、注意したらかわいそうだしとも思うし、何よりも隣りの部署なのでこちらが口をはさむ問題ではない。

よく勤めている会社の職種とか雰囲気というのをわきまえて、自分がどう周りから見られているか考えて服装を選びたいもんだ。

|

« デジカメ大いに悩む・・・ | トップページ | 「我々はいかに「石」にかじりついてきたか」菊地敏之著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53364/1498320

この記事へのトラックバック一覧です: バンダナの彼女:

« デジカメ大いに悩む・・・ | トップページ | 「我々はいかに「石」にかじりついてきたか」菊地敏之著 »