« グランマ・モーゼス展 | トップページ | 志賀高原でパウダー三昧(その2) »

2005/01/18

志賀高原でパウダー三昧 (その1)

200511516_017a200511516_005a

(左写真 焼額山、右写真 一之瀬&高天ヶ原方面 写真はクリックすると大きくなります)

やっと今シーズン最初の初滑りに行ってきました。今シーズンは一応療養中の身なんで(苦笑)、体が楽な新幹線と前泊を組み合わせてのプラン。一緒に行くのが、数日後に八甲田のガイドツアーに参加する足慣らしの二人で、そのうち片方は1級とゴールドをどっちも持っている飛ばし屋さんの彼女(Iさん)なんで、ついていけるか心配~~。


1月14日(金)
新幹線と長野からの直通バス利用で夜10時半には蓮池に到着。さすがにエコノミーな宿なので、かなりボロイ。1.5泊となると宿泊代が馬鹿にならないので、温泉ぽくない温泉が一応ついているだけで良しとしよう。


1月15日(土)
天気予報が嵐のように言っている割には、風はやや強いものの天気は曇りか晴れというところ。ロープウエイを使おうと思ったら風で運休。やむなくシャトルバスで高天ヶ原に行く。

土曜日というのにゲレンデはがら空き。ほとんど人がいない高天ヶ原を一気に滑走して初滑り。粉雪で雪質が良いので気分よし。圧雪がどこも綺麗にされている。(今日は深雪パウダー狙いは無理なようだ。)タンネの森を通過して一之瀬ファミリー2本→ 一ノ瀬ダイヤモンド~山ノ神を経て焼額へ。ところが、プリンスお得意の風のためのゴンドラ運休で第一ゴンドラしかやっていないという掲示あり。せっかく天気がよいので1回は上まで行こうと思ってゴンドラ乗り場に向かったら、ここだけは15分待ちの表示で長蛇の行列。今まで全くリフト待ちなしだったので、嫌になって近くのリフトで戻ろうとしたが、途中でこのリフトでは一之瀬方面に戻れないと気づき、しようがなく再びゴンドラ乗り場に滑り込んで20分位待ってようやくゴンドラに乗って山頂へ。気温が-4度というが、風がとても冷たいが、日差しは暖かい。

いつ来ても、焼額山はどのコースを滑っても同じように感じてしまって、私も相棒さん達もあまり好みのゲレンデではない。しかし景色だけは良くてリゾート気分が感じられるのがこのゲレンデのいいところで、この日は黒姫山の下の方と妙高山の下の方だけしか見えていなかったけど、まあまあロケーションを楽しんで再び戻ることにする。

山の神方面に戻る斜面が陽だまりで、かっ飛ばし斜面で楽しかったので、もう1本滑ってから一之瀬ダイヤモンドへ。相変わらず空いているゲレンデを快適に滑って一之瀬ファミリーへ。ここで初めてベルトコンベヤーなるものを発見!! 超驚きました。(今頃遅いでんしょうけど。。。)車道を越すところの山に部分を登らなくても、ベルトコンベヤーに立っていると自然に運んでくれるのがとっても嬉しい。長野五輪の後には来ていなかったので、随分こういう設備面やホテルなどが綺麗になっているのを発見して喜んでいる私でした。ファミリーを1本滑ってから昼食。

私は「私をスキーに連れてって」の時代を知っているけど、随分一ノ瀬も、そして志賀全体も寂れた感じのスキー場になっていると痛感した。お店はまだ1時過ぎなのにガラガラ。それでもお客さんがそこそこいるのと、同じ宿に修学旅行生が食事をしていたようなのがまだ救い。

昼食後はファミリー1本→ 高天ヶ原2本(コブ斜面撮影)→ 東館~ブナ平 → 西館3本 → 高天ヶ原1本 →東館~ブナ平 → ジャイアント1本 → 蓮池2本。 4時半までついつい滑ってしまいました。(^^;) ← どこが療養中なんでしょう。オイオイ・・・・・

早くも筋肉痛が・・・  (翌日は明日アップ予定 つづく)
   

|

« グランマ・モーゼス展 | トップページ | 志賀高原でパウダー三昧(その2) »

コメント

初滑り、おめでとうございます~!!
楽しく拝読しました。(お写真がとてもキレイですね)
続きを楽しみにしてます!

ところで、ベルトコンベヤーは歩く歩道みたいなカンジなのでしょうか?
見たことがないか、あまりインパクトがなくて忘れてしまったのか、残念ながらよく分かりません。
良かったら教えてくださいませ~。

投稿: 知三朗 | 2005/01/18 20:11

「歩く歩道」ではなくて「動く歩道」ですね。
お詫びして訂正いたします(泣)

投稿: 知三朗 | 2005/01/18 20:13

minminさん
素敵な写真ですね。
こんな綺麗な所を滑っていくなんて気持ち良いでしょうねぇ〜
自分では行けない所を、こうして見せて頂けるのも中々素敵です。
病気療養中とは、思えない元気さですが、好きな事をしていると、そうなるのかもです。

新しいノートパソコンになって、IEでは無いウェブプラウザでは文字化けしないと分かったので、こちらで書き込みです(^.^)
続くに期待しています。

投稿: 山百合子 | 2005/01/18 21:28

☆知三朗さま
そちらのテレ修行の様子は毎回楽しみに拝見しております。とても熱心に学んでいるようで、楽しみです。

さて、ベルトコンベヤーと書いたのは、動く歩道名イメージでもいいですが、スキーが角度をエレベーターのようにつけると後ろにスキーが滑りそうなんだけど、細かく滑り止めのゴムなどがついていてバックしないようになっております。いつも車道を渡るときは、ハの字登行で大変だったので、とてもラクになってよかったです。

☆山百合子さま
アップルのPCでも書き込みできるようになったのですね。。。一応療養中ですが、調子のいいときと悪いときがはっきりと分かれているみたいなので、今回は珍しく良かったので、ついついがんばってしまいました。(苦笑) 

投稿: MINMIN | 2005/01/19 00:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« グランマ・モーゼス展 | トップページ | 志賀高原でパウダー三昧(その2) »