« 富士見平小屋事件と水晶山謎の死 | トップページ | 山の本を一杯注文してしまった »

2005/11/25

田中康夫知事と遭遇

今日は昼過ぎに用事があって東京駅丸の内側の駅の外を中央口から北口に向かって歩いていたところ、なんと長野県知事の田中康夫さんとばったり遭遇。


最近テレビが映らないので本人を見ていなかったけど、目がぱっちししている色白の顔で、目立つ変なバッチを背広の襟に2つも付けているから、まずは間違いないでしょう。ご本人は一人で両手に一杯の紙袋のような物を持って前かがみでやや背を丸めて歩いてました。荷物が重たそう・・・・。もともと作家だから、秘書とか従えて・・・って感じではないのでしょうけど。ふ~~ん、って感じ。


一橋大学の在学中に華々しく「なんとなく、クリスタル」というベストセラーでデビューしたイメージが私の中では今でも強いので、いきなり目の前に現れたまさに中年そのものの異様に顔の周りの贅肉が凄い状態のお顔には、思わず振り返ってしまいました。だって、顔の周りの贅肉が前のめりで歩いていたので、全部前に垂れ下がったようにライオンのタテガミ状態(爆) 背筋が曲がっていたので、思ったよりも背が低くてちょっとびっくり。あれでも、たぶんちゃんとするとたぶん私よりは大分背が高いとは思うけど。たまたまつんのめって歩いていたので、その顔と私の目線が同じぐらいだったので驚いたのです。


まあ、長野は新幹線にさえ乗れば1時間ちょっとだから、ここに居てもちっても不思議でないというのは日本が狭くなった証拠かな。

|

« 富士見平小屋事件と水晶山謎の死 | トップページ | 山の本を一杯注文してしまった »

コメント

ライオンのたてがみ状態の顔の皮膚って、一体?
自分も前かがみになったら、そんな風にならないか、
思わず試してしまった。お餅みたいになったけど、
たてがみにはならなかった。

田中知事って、正論を言っている・・と思うし
県政についても実行力ありそうだなあ・・と思うのに
なんだか、どうも【信用できない感】がぬぐえないのは
どうしてなのかな?

顔のせい?だとしたら、とっても失礼な話なんだけど・・へへ。

投稿: ぴとこ | 2005/11/26 14:07

>自分も前かがみになったら、そんな風にならないか、
思わず試してしまった

ぴとこさんが、鏡の前で試してみている図を想像して、とっても受けました!!!

2重顎ってあるけど、それが頬のあたりとかの耳のあたりまで繋がってまとまって<たる~ん>って感じにぶよぶよとしていてたのを、ライオンのタテガミと表現したのでした。

田中県知事・・・やっぱり、政治よりも作家の方が似合っていると思うけど。政治の話は私は一切わからないし、ノーコメントってことで。(苦笑)

投稿: MINMIN | 2005/11/26 19:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 富士見平小屋事件と水晶山謎の死 | トップページ | 山の本を一杯注文してしまった »