« オリンピック雑感 | トップページ | 定年退職 »

2006/02/26

ドラマ「氷壁」の感想

既に2回までの氷壁の感想はここのプログでも取り上げているので、それ以降の全体の感想。


うーん、やっぱり原因はカラビナの欠陥ではなくて、北澤の「奥寺を助けるための自殺行為」でしたか。カラビナの締め忘れではドラマとしては一流の登山家なのでドラマにならないし。敢えて外す行為で、山男の約束で登る前の「何かあったときには、ザイルを切れるか」の答えにはなると思います。


最終的な結論は自分的には納得でしたが。うーん、ドラマとしての展開はあまりの陳腐さ加減に、なんともコメントしずらいです。(大苦笑) あれだけの地位を捨てて奥寺に走ったのであれば、美奈子さんは最後まで奥寺についていってもしかったし。これでは、単にいい男にちゃらちゃら走る感じの女性みたいな感じになってしまいます。(そりゃあ、石坂浩二演じる老体の社長様よりも、若い元気な男性の方が良いよね!) 俳優の玉木さんは、実は初めて見る俳優さんだったのですが、とってもかっこよくて役に似合っていて素敵な演技だったので、今後は要チェックしましょう♪


原作が出来た井上靖の時代は、まだ日本も貧しい時代で、女性の働く場所も大変限られていたので、特にとりたてて学歴や親兄弟のバックがない人ならば、大きなお金を稼ぐならば水商売ぐらいしかなかったかもしれませんが。でも、今の時代はニートやフリーターがいるぐらいですから、現に簡単にコンビニの店員さんの職は得ているのだから、説得感のない話にならざるを得ないかったのでしょう・・・・・。生活が苦しいっていったって、そこそこ頑張れば生活できると思うのだけどね。なんせ、ダブルインカムだし、奥寺さんも昼夜仕事しているぐらいなんだから。決して生活が苦しいってレベルではないと思うし。


あくまで、今回は<原案 井上靖 >という形でテロップを流しただけあって、現代に合わない部分が大きくてやむなしだったのでしょう。でも、やっぱり、1,2回目あたりで見せてもらえた素晴らしいニュージーランドの山の光景やクライミングシーンは本当に楽しかったです\(^〇^)/  なかなか自分で行けない場所に連れて行ってもらったようで、楽しめました。

|

« オリンピック雑感 | トップページ | 定年退職 »

コメント

MINMINさん
日記が次々更新されて嬉しい(^^)
私も、氷壁の事MINMINさんと同じ感想を持った。
もっと、自分を主張して、自分の足で立てる人になるのかと思ったら、あれでは、行き当たりばったりの火遊びの奥さんになってしまった。
勝手にメールを読んで裁判に引き出した事、妻ならもっと怒って良いはずよ。
進歩も成長も無いとテレビ見てて、がっかりしたの。
石坂浩二の息子(武田何とかと言う俳優らしい)の方が、まぁ、身の丈に有った方向を見いだしてよかったけどね。 
主演の玉木さんは初めて見た俳優で、中々良かったね。
コマーシャルに出てた(^^)
あれこれ思っても、景色は奇麗だったから、その点は良かったとしよう〜

投稿: 山百合子 | 2006/02/26 20:50

はじめまして!しげぞうと申します。
TBありがとうございました☆

>単にいい男にちゃらちゃら走る感じの女性みたいな感じになってしまいます

そうですよね~。美那子さん、小説より随分といい加減なヒトになっちゃってましたよねえ。あれで井上靖サンやら山野井泰史サンの名前を出しているのは失礼なんじゃないかと。

なので、景色やら山道具やらを重点的にチェックさせてもらいました!(笑)

投稿: しげぞう | 2006/02/27 00:34

★山百合子さん
今週は山にも行かないし、レポもたまっていないので安心して?プログ三昧でした(笑)

>もっと、自分を主張して、自分の足で立てる人になるのかと思ったら、あれでは、行き当たりばったりの火遊びの奥さんになってしまった

そうそう、ホント火遊び奥様ですね(爆笑)

武田さん演じる息子さんの役ですが、なんとなく足のついた生活観になりそうで、転職した先がIT関連ですから、ライブドアのノリを少し発想してしまった。有望な野心のある青年はあの業界をやっぱ目指す人は多いのかなあ・・・

やっぱり、景色に免じてよかったとするしかないかな(甘目の評価。DVDも発売されるようです)

★しげぞうさん
いらっしゃいませ。こちらこそTBありがとうございます。

小説より美那子さんの設定は軽い人間像になってしまって、リアリティーがとってもなかったですね。山野井さんや井上靖の名前をかたるならば、もう少しストーリーを納得感のあるものにしてほしかったものです。

まったく別物としてみても、やっぱりかなり無理がありますものね。

投稿: MINMIN | 2006/02/27 01:05

玉木宏なんてあんなひょろひょろのおにーちゃんで
大丈夫か?なんて思ってたのに
番組を見たら結構合ってるので
意外に感心しちゃいました(笑)
少しは筋トレしたのかな?とか。

投稿: えび | 2006/02/27 22:57

美那子さん、自立してほしかったですね^^
アルバイトでお金を貯めて、ネイルサロンを開いて、奥寺のスポンサーになるなんて、いかがでしょう・・へへ。

玉木さんは、映画【ウォーターボーイズ】に出ていたんですよ。それが、また、まったく違うキャラで、よかったです。
今は、NHK功名が辻の山之内一豊さんの弟。先日、脚本家の大石さんが、【氷壁で、とってもよかったから、出番増やそうかな・・】と、言ってました^^

山の映像、よかったですねえ。

投稿: ぴとこ | 2006/02/28 20:56

★えびさん
私はここのところ特にドラマを見てなかったので、俳優さんに疎いです。(苦笑)
ひょろっとしたイメージの方なのですね。
奥寺は山野井さんのイメージで作られているようなので、ちょうど玉木さんのちょっと細い感じで良かったと思います。
大体、壁を登るタイプのクライマー体型は細身で筋肉質がぴったりですから・・・

★ぴとこさん
美那子さんの自立&スポンサーはいいアイディアですね。せめてNHKのドラマで、かつ名作「氷壁」と名乗るんだからマシな筋書きで終って欲しいですよね。

「巧名が辻」はとっても気に入っているので、毎回見てます♪ この前ちらっと玉木さんを見ましたが、出番が増えるならば嬉しいなあ~♪ 俳優さんたちは鶴田真由も玉木さんも皆いい演技してましたよね。景色も最高、あとは、ストーリーだ・・・・(苦笑)

投稿: MINMIN | 2006/02/28 23:12

うふ、結構ミーハーなMINMINさん、見っけ。 美しい俳優さんは大歓迎です。
クライマーって体型違いますよね。
余分な脂は勿論、余分な筋肉も付いてないですね。 
ドラマは見てないのですが、ニュージーの景色は「指輪物語」を見てから、ずーっと憧れています。 ああいう景色の中だと気持ちが自由になれそうです。

投稿: REI | 2006/03/03 16:43

REIさんはドラマは見ていなかったのですか・・・ 景色は楽しめたので得した気分でした。

クライマー体型、かっこいいですよね。
世間的には山男というとごっついタイプをイメージする人多いけど、ちょっとそういうタイプの俳優さんだと違うんだよね・・・て思うところでしたが、今回は自分のイメージ通りの俳優さんでした。

自分も結構ミーハーな部分も持ってますよ(苦笑)

投稿: MINMIN | 2006/03/04 00:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53364/8848063

この記事へのトラックバック一覧です: ドラマ「氷壁」の感想:

» 氷壁・最終回 [しげぞうの山登り日記]
というわけで、終わりましたね、氷壁。 かな~り納得いかない終わり方でしたけど…(--; でもまあ、これまでの流れからするとこんなもんでしょう。 [続きを読む]

受信: 2006/02/27 00:30

« オリンピック雑感 | トップページ | 定年退職 »