« 恐怖の水芭蕉?! | トップページ | 2005-2006山スキーシーズン総括(その1) »

2006/06/13

「情熱大陸」 山野井泰史

現在の日本を代表するクライマーと言えば、フリーならば平山ユージ、アルパインならば山野井さんだろう。


日曜日夜11時からTBSでやる情熱大陸という番組は、旬な人を30分で特集する番組で、自分は見ることが多い。山野井さんは、以前の情熱大陸でも出ていたらしいが(これは見逃した)、確かNHKでもやっていて、普段の生活シーンなどが中心だった。以前のNHKの番組の時に比べると、同じ奥多摩町内で、日陰の家から、日当たりの良い家に引っ越したというが、築50年というけど、随分綺麗に手入れされたこぎれいな家に住んでいた。


今回の番組の概略はこちらをクリック


既に「垂直の記憶」の自著を読んでいるので、人となりなどはわかっているが、今回は直に切断だれた指やそれでも登っている姿。奥様もそれ以上にひどい凍傷のために指がほとんど先がないのに、すごく自然に生きている姿などが映像で映し出されていた。


今回一番感動したのは、彼が小学校の卒業文集?に載せた将来の夢というのが

「無酸素でエベレストに登ること」

えらい、びっくりした♪♪
大人でも、無酸素と酸素たっぷりつき登山の違いなどわかっていない人が多いのに、30年近く前の小学生がこれを理解して?書いていることがすごい!


山野井氏は、壁やラインの面白い6~7000m峰クラスの山を本当に自分のためだけ登っているのだろうなあ。。
子供のような純粋の表情、完全にお母さんに甘えているかにも見える姉さん女房のカップル。


でも、自分的にはどうしても日々の生活に目がいってしまって、大変つつましく生活しているけど、これから先どうするのかなあ?って思ってしまう。以前は富士山のボッカを雪の季節に定期的にやっていたが、これからはそういう仕事にも就けないわけだし。彼も41歳、そろそろ年齢的な限界もあるかなと思う。まるで世捨て人? 本当にクライミングだけのために生きているんだなあと感心する。


コマーシャルリズムと一線を画しているものの、今年の冬辺りにICI石井スポーツの本店をうろついていたら、ポスターに「山野井さんと登るネパール・アイランドピークと????山」みたいなのが張ってあった。念のために書くと、アイランドピークはネパールにある比較的一番登られている6000m峰。最近では、山頂には固定ロープを張ってあるときもあるそうで、登攀技術ほどでなく、一通りの冬山経験があれば登れる。ガイドがつけば私レベルでも登れる程度の技術度でらしい。(決め手は、高度順応がメインとなる) そのガイド登山の募集に山野井さんの名前があったのでびっくり。彼にとってはお散歩レベルだとは思うけど、コマーシャルリズムは大嫌いなはずでは? やっぱり、かすみを食べては生きていけないから、どっかで妥協もあるのかなあ?


今後も、自分の道を彼ら夫妻なりに生きれることを一人のファンとして祈ってます。

|

« 恐怖の水芭蕉?! | トップページ | 2005-2006山スキーシーズン総括(その1) »

コメント

MINMINさんはさすが筆をふるってますね~
私はテキトーだったけど(笑

私のBlogに書かなかったほかの感想は、

あんなプライベートウォール欲しいな~
奥多摩に住めていいな~

とかです。
あまりにも子供っぽくて書けなかった(笑

投稿: オーロラ | 2006/06/14 20:19

うーん、ほとんどオーロラさんが書いてしまったので、
私は思いっきり所帯じみた内容にしました。(苦笑)
今はいいんだけど、60歳位になったときに、どうやって生活していくのか? そんなことを考えていたら、一流のクライマーにはなれないのでしょうけど。。。。。

プライベートウォールを置くには、やっぱ一戸建てだなあ・・・(爆)
全然、子供ぽくないけどなあ・・

投稿: MINMIN | 2006/06/14 21:58

私、そんなに感想書いてないですよ?

>今はいいんだけど、60歳位になったときに、どうやって生活していくのか? 
>そんなことを考えていたら、一流のクライマーにはなれないのでしょうけど。。。。。

これ、グサグサ胸に突き刺さります(笑
放浪の生活してるけど、一流クライマーにもなれないし・・・

投稿: オーロラ | 2006/06/15 23:30

オーロラさん
グサグサ胸に刺さりますかあ・・・・。
放浪の生活なんですか? 私はおうちでゆったり暮らすのが大好きな生活してます(笑) 
これでは、やっぱり自分もまともなクライマーにはなれませんけど、時折山旅を楽しむのがいいかなあ・・・。

投稿: MINMIN | 2006/06/16 00:21

中華蔵宝
他の商品から比べると割高な感じがありましたが、使ってみて納得です!
確実な商品を求めてる人なら最初からこの中華蔵宝にしといたほ
うが良いんじゃないでしょうか。なんといっても他の商品
と違うのはイク時の感じですね。雷が走ったような感じがして、今まで味わった
ことないような気持ちよさが足の先から頭
の先まで走り抜けました。私はすごく気に入りました!
http://www.khonsys-business.com/product.asp?id=646

good35@yahoo.cn

投稿: ezmd | 2009/01/20 11:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53364/10515016

この記事へのトラックバック一覧です: 「情熱大陸」 山野井泰史:

« 恐怖の水芭蕉?! | トップページ | 2005-2006山スキーシーズン総括(その1) »