« 会社のセキュリティー | トップページ | やっとテレビ台購入 »

2006/11/22

丹沢人間ウォッチング

先日歩いた丹沢の大倉発大倉尾根から表尾根経由大倉戻りの巡回コースで出合った人達の印象を書いてみようかと思う。

何と言っても、強烈だったのは、大倉バス停に突如現れた日本陸軍の兵隊さんの姿をした若い登山者の姿だった・・・・・

既にアップした山のレポで触れてますので、そちらをみて楽しんで?ください。こんなにびっくりしたのは、マジに初めてかも・・・・。一応、最初の1時間半ぐらいは前後して歩いたけど、さすがに向こうのほうが自分よりも10歳以上、場合によっては20歳?近くも若いので、さすがに途中で見失ってしまいましたが、その後どのコースを降りたものでしょうか?

他に印象的だったのは、たぶん50代後半から60代前半の女性の単独の方。華奢な体つきだが、息も大して上がらずに、静かに静かに登っておりました。昔はこれぐらいの年代の単独の女性はほとんど見なかったけど、結構最近は見かけますね。自分も年取ったら、こんな感じで凛として背筋正しく歩いていたいな・・・って思ったものでした。

そうそう、表尾根を下っている時に、寒い中を上半身裸の50~60代位の男性が登っていく姿を拝見。いや~ちょっと寒すぎて、それにちょっと体の表皮が年相応に?たるんでいて、見たくなかったです。(苦笑)やっぱ、11月ですから、シャツ1枚ぐらいは着ておいて欲しかったです。

それから、表尾根を歩いているときに、山を始めてまもない初めて丹沢に来たご夫婦と一緒になりました。ご夫妻はヤビツ峠の先の富士見峠まで車で入って、そこに車をデポして塔ヶ岳を往復してきたというのですが・・・・・。朝の7時に駐車場を出発。それで自分と3時頃に下りでお会いしているのですが、朝から表尾根はずっと霧で、私の登った大倉尾根よりもずっ霧が酷かったようです。(大倉尾根はそんなに天気が悪いという印象でなかったです)ちょっとした地形の違いで、表尾根の方が、相模湾からの海風が強くあたるために霧が多く発生しているのかな?って思った次第です。大昔に自分が初めて表尾根を登った時に、強烈な靴連れで完全な今でもトラウマって感じなので上りたくないルートって思うのですが。ここのアップダウンは結構あるので、それを往復するのは勘弁・・・っと思うのですが、車登山は登った場所に戻らなくてはならないのだなあ・・・・と改めて思いました。

そうそう、三ノ塔の下りでお会いした若い方々もあのペースでは無事に降りられたか、ちょっと心配。自分は最近はヘッデンが壊れると心配なので、必ず2個持っていくし、時間が押している時は急がば回れで確実に降りられる林道を選択する・・・のですが、彼らはヘッデンを持っていたのかどうか?まあニュースにはなっていないので大丈夫でしょうが・・・・やっぱり、自分も含めて早起き登山がいいに決まってます(苦笑)

それと、最後に印象に残ったのは帰りのバスで後ろに座っていたカナダ人と日本人(50代位の男性)のお二人。会話は全部英語でした。この日本人の英語はとても基本的な単語を使ってしゃべっているのですが、それでもヒヤリング能力が×な自分には全部は聞き取れなくて残念。ただ、どうも仕事関係で知り合いの人を山にご招待していて、次はアイスクライミングとかロッククライミングなどの基本のバリエーションはどうか?って盛んに誘ってました。この日本人氏には岩関係の友人が多いようで、だれだれを紹介してあげましょうか?とか、フリークライミングならだれそれって女性がうまいんだよ・・・とか。何故か環境庁って言葉が何度も出てきたので、もしかしたら、この日本人氏は国家公務員の官庁の関係者かな?って思ったものでした。

それにしても、山の会話をこうやって英語でどんどんしゃべれたら、外国に行っても技術もあるようなので、山にどんどん登れるだろうなあ・・・・・って思っていたら、「早期リタイアをしたら、ヨーロッパに行って山を登り続けたい」なーんて話まで出てきて、さらには、「去年?あるいはもっと若い頃?」グランドジョラスを登った、あるいは途中リタイアだったのか?見たいな話がでてきて、もう一度登りたいな」なんてことまで会話に出てきて、うーん、さすがにこの日本人氏はできる人だなあって思ったものです。一緒にいたカナダ人は外国の人らしく185センチぐらいは優にある大きな男性でしたが、向こうではこれぐらいの体型は当たり前なんで、なかなか日本人が外国で体力面で勝負するのはしんどいなあって思ったものです。

つれづれなるままに書いてみましたが、自分的には最初の人と最後の人が特に印象的でした。

|

« 会社のセキュリティー | トップページ | やっとテレビ台購入 »

コメント

軍服姿の人、私も見たことあります!
あれはいったいなんなんでしょうね。
コスプレ?(笑

投稿: オーロラ | 2006/11/22 01:16

静かに静かに登っている単独の女性、最近そういう方を見かけますね。
賑やかに見える高尾山ですが、安全な場所でもあるし、そんな女性をよく見かけます。高齢の方で。

すれ違うたびに、かくありたし・・と思います。

投稿: ぴとこ | 2006/11/22 09:36

私も春行った時にバスで一緒になりました。
多分、サバゲーの人たちじゃないですかね。

投稿: えび | 2006/11/22 12:12

あ、単独か。
レポに書いてある様子からその人、高尾で見た事ありますよ。

投稿: えび | 2006/11/22 12:22

★オーロラさん
そうですね、一種のコスプレですね。
男性でもコスプレってあるんだ・・・・

★ぴとこさん
高尾山のほうが大倉尾根よりも体によさそうなので(笑)、きっと、もっとこのような女性も多くなってきているんでしょうね。できれば、小さな植物なんかも詳しいといいんだけど・・・と勝手に自分の植物音痴から理想をつい思ってしまいます。

★えびさん
えびさんも高尾山によく行かれる方なので、やっぱりごらんになったことありましたか! 
自分でもはっきり毎週高尾山に行くと豪語?してましたから。
それにしても、インパクトあったなあ・・・・

投稿: MINMIN | 2006/11/22 23:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53364/12775679

この記事へのトラックバック一覧です: 丹沢人間ウォッチング:

« 会社のセキュリティー | トップページ | やっとテレビ台購入 »