« エクセル家計簿 | トップページ | 報道の恐さ »

2006/11/11

ジムでのオフ会

私のHPでたびたび書き込みをしているHirarinさんと、今日はクライミングジムでオフ会を行った。

HirarinさんはHPやプログなどをやっていない方で、私の山滑り関係の相互リンク先でもあるテレマーカーのMt.Raccoさんのお知り合いで、そのご紹介で私のHPなどを見ていただくようになった方だ。

彼女は某社会人山岳会出身で、アルパインや沢などをかなり集中的にされていた方で、今は山岳会を辞めて少しのんびりされている時期のようだ。

縁あって、超下手な私のクライミングに付き合ってくださることになり、本当に久々にジムに行った。(いつもジムに行くと、久々となってしまう・・・・マジにまずいです→もっと真面目にやれって感じですね。)彼女も最近はずっとジムに行かれていなかったようで、ちょうどそういう意味ではよかったかな?

ランナウトはオートビレイがあるので最初は自分はいつものようにアップでスラブ壁。Hirarinさんは自分がとても登れない所をアップで登っている(^^;)ちゃんと振った形のムーブができていて、綺麗な登り方である。各自数本ずつ登った所で次はトップロープの簡単な所をビレイしあって2本ずつ?ぐらい。自分は薄被りでも、少しでも壁が被ると全然登れないので、オートビレイでピンク壁の一番簡単な所を足自由でしか登れない・・・・ この1本を登って、MINMINの下手さ加減をHirarinさんがチェック。本当に体の硬そうな登り方をしていることがバレバレの登り方でした。(大苦笑)

今日は自分のロープを持って行った。2年ぶりだろうか?超久しぶりで、リード自体のやり方を忘れている可能性が高いので、Hirarinさんに先に模範演技をしていただいた。垂壁のルートで足自由でトライ。2クリップ目までは絶対に落ちれないので恐かったけど、なんとかガバが多いのでそこをクリア。以前登ったことあったので、一応無難に登れてほっとしました。あと、もっと短いルートにもトライ。3本目のリードは薄かぶり正面壁をトライしてみたけど、かぶってくると、とたんに登れなくなる自分の本性が出て、僅かしか登れずにギブアップ。腕もヨレテきているので、終了。

Hirarinさんは今年彼女もツェルマットに滞在されてスイスの山々を歩いてきたので、そんなことも話題で楽しいひと時を過ごしました。自分のHPの情報も参考にしてくださったようで、嬉しく思いました。

|

« エクセル家計簿 | トップページ | 報道の恐さ »

コメント

なーんだ、ランナウト行ってたんですか。
私はPUMP2に行ってました。
雨だったので混み混みでしたよ。
そちらも混んでいたのでは・・・

投稿: オーロラ | 2006/11/12 15:42

オーロラさん
今週末は山じゃなかったのね?てっきり山に行っていると思ってました。
うちらは、出撃時間が遅かったので、ちょうど激混みの人達が上がる時間だったので、とっても空いていて快適でした。
スンマセン・・・
パンプ2に行くときはオーロラ師匠に連絡しますね!

投稿: MINMIN | 2006/11/12 19:43

こんばんは!土曜日はお付き合いいただき、ありがとうございました。
すっかりジムから足が遠のいてしまってましたが、久しぶりに登れて(・・というほど登れてないけど)&お話できて(こちらは充実?)楽しかったです。

私も十分休養したので、ぼちぼち歩いたり登ったりし始めようかなーーと思ってます。
また機会があればぜひオフ・クライミング会(?!)しましょう。

投稿: Hirarin | 2006/11/12 21:20

Hirarinさん
昨日はお疲れ様でした。
私も久しぶりにジムに行くきっかけとなりました。
いろんな話も聞けて楽しかったです。
本格的にバリバリだったら、とても私などご一緒はむりでしょうけど・・・・ また、ぼちぼちやってみようという時にはご一緒できれば嬉しいです。

投稿: MINMIN | 2006/11/12 23:49

MINMINさん&Hirarinさん、ジムでオフ会できて良かったですね~♪♪(^^)

投稿: ハイジ | 2006/11/13 23:31

ハイジさん
貴女とのオフ会の話題がきっかけでジムオフ会ができました。ありがとうございます♪

投稿: MINMIN | 2006/11/13 23:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53364/12649555

この記事へのトラックバック一覧です: ジムでのオフ会:

« エクセル家計簿 | トップページ | 報道の恐さ »