« 八甲田山で雪崩発生 | トップページ | 遂に「高橋家」の御蕎麦の攻略成功♪ »

2007/02/16

写真展「地球の旅人」

前日から八甲田の遭難でかなりショックを受けていた自分ですが、会期終了が2月18日に迫った写真展「地球の旅人」に昨日行ってきました。

東京都写真美術館(恵比寿ガーデンプレイス内にある)で開催されているのですが、私の山スキーの教科書として愛読している山スキーヤー&写真家の菊池哲男さんと、他2名の合計3名での新進ネイチャーフォト写真展なのです。

たまに菊池哲男さんのHPは見ているものの、うっかりしてました!開催に気づいたのが12日の夜。最終日は混みそうなので、やはり夜に行くのが楽。美術館は18時には終ってしまうので平日は駄目なのですが、ここは木・金のみは20時までやっているので、ラッキー。

会社を17時過ぎに出るのはかなり仕事放置に近いんですがボリボリ、恵比寿駅からダッシュして駆けつけたのですなんとか18時を過ぎて到着。この日は19時から別に用事もあるので、参ったなあ・・・・  

最初は前川貴行さんの写真展示。アラスカの動物写真がメインの方。この手の写真家では星野さんが有名だけど、少し感じは違う。背の高いご本人がいらっしゃったんだけど、時間があったらもう少しゆっくり見たかったんだけど・・・・ 躍動感ある<一瞬>を捉えるのが上手い人だなあと思った。

次の展示が菊池哲男さんの写真。白馬大池には随分通いこんでいるけど、最初の通いつめるきっかけとなった1枚も展示されていた。白馬や後立山連峰の写真が多い。やっぱり、ついつい雪山の写真などがいい作品が多いと思った。雄大な雲の流れなどもいい。あとは自分的に気に入ったのは真っ赤な唐松岳から見た剣の写真。すごい雲海・・・・・。 さらに、構成が2部構成になっていて、半分は夜景の写真。これが、とっても素晴らしい!山の上から富山湾方面を眺めた光のまばゆい写真、阿弥陀山頂と信州の夜景とか、白馬村の夜景の写真とか、うーん、どれも素敵。あまり今までこういうアングルっていうのは見かけなかったので、新鮮で独創的な写真と思った。

(週刊現代っていう男性誌?週刊誌にも何枚かカラーグラビアに載ったそうだ)

一応、菊池さんの作品を見て、少しほっとして、次は林明輝さんの作品。これが、またまた素晴らしい!菊池さんの写真は山岳写真だけど、林さんのはいわゆるネイチャーフォトって感じで、色調も淡かったり、優しい感じだったり、なかなか癒しの風景なのです。 いつも山の写真は良くみているけど、一歩違ったネイチャーフォトの写真はそんなには見ていないので、とっても新鮮に見えた。特にブナ林の緑の濃淡の鍋倉山の写真はとっても素敵だった。ほかにも、もっともっとじっくり見たい作品が多かった。

一巡したあとで、もう一回、菊池さんの写真をじっくり拝見。(自分は美術館などではかなり時間かけて見たいほうです。気に入った作品とか何度も戻って見て回るのです)

そうそう、書くのを忘れてましたが、ここの写真展は全てインクジェットプリンターで出力している?のか、とにかく、後ろ?上?から光を当てている?ような、とにかく従来型の写真展示方法とは違う。スライドフィルムの光をしたから当てて見る・・・あんな感じです。

本当はもっと長く幸せな空間に居たかったのですが、この日は19時より参加している山のガイドの机上講習会があるので、冬山の勉強をするために、またまた駆け足で恵比寿を後にしたのでした。雪山生活技術やら、雪崩基礎知識など、こちらも多少遅刻したもののしっかり勉強して、心新たに雪山に向かう気持ちになりました。

Rank_banner_02_3 ← ぽちっとお願い致します。


2007_1_15_005

2007_1_15_006


2007_1_15_007 

|

« 八甲田山で雪崩発生 | トップページ | 遂に「高橋家」の御蕎麦の攻略成功♪ »

コメント

MININさん

ご無沙汰です。私も地球の旅人本日行ってきました!
今月は出張(海外)が二回もあり、山へ行く元気がないので
せめて写真で山を味わおうと思い出かけました!
週刊誌で写真見て、行こうと思っていたのですが、
仕事が忙しくて、半分忘れてました。このブログで
思い出しました。

今週末は山スキーですか?

暫く山はお休みなので、私のHPのネタがありませんが、
リンク貼らせて頂いても良いですか??

TAKEMARU

投稿: TAKEMARU | 2007/02/17 20:16

★TAKEMARUさん
お仕事お疲れさまです。世界を股にかけてのお仕事、大変だと推察いたします。お体を労わって、日本に居る時は癒しの風景でも楽しんでくださいませ。そういう意味ではこの写真展はいいですね!

このブログを読んで行ってくださったのならば、大変光栄です。私もたしかお正月頃に菊池さんだけの東京都美術館で会期がわずかの(1週間以内だった)催しがあって見逃してしまって、その後3人でやるらしい・・・ぐらいで、しばらくHPを見なかったら、あれあれ終っちゃうよ・・・・と大ダッシュで見に行きました。 菊池さんもいいけど、林さん写真にもかなり魅かれました。

週刊現代はさすがに女性のヌードが最初に出てくるので、ノーチェックでした。(苦笑)週刊誌も文春とか新潮あたりだと女性も読めるのですが。

リンクの件、了解です。私も近日リンクを貼らせていただきます。

投稿: MINMIN | 2007/02/17 22:24

はじめまして。

同じ日、私もこの写真展に行ってきました。
菊池氏のところで足跡を残してきましたが、私のちょうど前の足跡がMINMINさんだったのです。
いつもHPやブログを拝見していたので、驚いてあたりを見回してしまいました!
どれも印象的な写真で、間に合ってよかったですね。
私も菊池氏が目的だったのですが、実は一番印象に残ったのは林氏のものです。
あまりにブナが素敵で、しばらく離れられませんでした。

少し興奮気味のコメント、失礼いたしました。

投稿: tomomi | 2007/02/19 19:15

★tomomiさん
いらしゃいませ&はじめまして!
おお~、菊池さんの写真展のあのノートを見たのですね!
結構、恥ずかしいかも!
山スキーMLってご存知ですか?菊池先生も加入されているので、ついつい書いてしまいました。
私もごくたまに、あのMLに名前が出没してしまうことがあるので・・・

あの~、もしやカップルで来ておられましたか?
もしその方達ならば、なんとなく記憶があるのですが。
私は会場を18:40頃には後ろ髪を引かれる思いで立ち去りました。自分は黒いコートを着ていたか、白と黒のチェックのコートを着ていたか、どっちかです。

HPやブログをいつも見ていただいていたとは、大変光栄です。私も、実は林先生のぶなの緑の幾層にも重なった写真は強烈なインパクトありました。上高地の写真もよかったです。蛍の一杯の写真は目が点になりました!

今後ともよろしくです。


投稿: MINMIN | 2007/02/20 00:21

MINMINさん、何度もすみません。
MLはいつも見ているだけなんですが、とっても内容が濃くて楽しみにしています。

当日、1人で出かけたんですよ。
黒いハーフコートを着ていました。
6時前くらいから7時すぎまでいたので、きっとすれ違ったかもしれませんね・・・

ずいぶん前にスイスの記事、じっくり読ませていただきました。
ちょうど、お世話になっている人がアクティブマウンテンに夏だけ行っていたので、
MINMINさんのことも聞いていたんです。
世間ってせまいですね~
これからもよろしくお願いします!

投稿: tomomi | 2007/02/20 20:50

★tomomiさん
そうなると、もしや前川さんに質問していた女性かしら?
私はたぶん6時10分頃に入った記憶なんですけど。前川さんの作品は気が急いていたので、あまりしっかり見れなくて残念でした。菊池さんのコーナーを1回見てから、林さんのコーナーに行って、戻ってもう1回菊池さんのじっくり見て、ノートに書こうと思ったら、女性が書き込みしていたので、その人が終ってから急いでメッセージを書いて、立ち去った次第です。

アクティブマウンテンさんには本当にお世話になったのですが、たぶん、夏だけ来ている人というと、あの方かなあ?なんて想像しました。マッターホルンに登れた人で、ロープウエイの最終に間に合わなくて徒歩で歩いて降りた人っていうのも、走多くないでしょうから。。。(苦笑)

ほんとに世間は狭いけど、どっかの雪山でお会いすることもあるかもしれませんね!

投稿: MINMIN | 2007/02/20 23:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53364/13933261

この記事へのトラックバック一覧です: 写真展「地球の旅人」:

« 八甲田山で雪崩発生 | トップページ | 遂に「高橋家」の御蕎麦の攻略成功♪ »