« 自転車と減量効果 | トップページ | 針ノ木雪渓から新穂高温泉レポ2日目アップ »

2007/08/26

癒し系沢登りを堪能~沢から尾瀬へ~

今日は、学生時代の山仲間+αで、癒し系の沢登りを堪能してきました。

行った沢の名前は中ノ岐川支流の小渕沢という所です。

癒し系の沢を終えると尾瀬の一角に出て、実に20数年ぶりに尾瀬を歩きました。

小淵沢田代や大江湿原、尾瀬沼の景色を堪能。小淵沢田代は他に誰も人が居ない静かな高層湿原でよかったなあ・・・・。

詳細は後日。 (写真を3枚だけ、掲示板のおしゃべりROOMに貼りました)

Rank_banner_02_3 ←ぽちっとしていただけると、とっても嬉しいです。

|

« 自転車と減量効果 | トップページ | 針ノ木雪渓から新穂高温泉レポ2日目アップ »

コメント

今年最初の沢かな?堪能してきましたか?レポ楽しみにしています。

私もMINMINさんも遡行した東黒沢からウツボギ沢に下り宝川との出合いの所で露営、土曜日にナルミズ沢を遡行してきました。天国に続く草原と形容されているナルミズ沢の源頭部はほんとに素晴らしかった。MINMINさんにお薦めの沢だと思いますよ(^^)

投稿: mogu | 2007/08/27 09:05

沢でっか〜?このくそ暑さに山スキーのみなさんもたまらずいっちゃってるようですね。
だるさんも始めたいと自宅で縄プレイしてるようですからネオ氏も誘って今度納涼しにいきますか?僕はこっちでガイドブック等極力見ないようにしとるんで(本来は最小限ネタで突入のんがおもろい)何処がええかはきむっちに調べといてもらいましょう。

投稿: でりー | 2007/08/27 13:49

★moguさん
東黒沢からナルミズ沢は、私の行きたい沢ベスト3の中の1つです。まだ泊まりの沢をやったことがないので、ちょっとそれがネックになってます。
天国に続く草原って、ほんとにそういう風によく形容されるけど、よさそうですね。もう少し実力ついたら行きたいです(ということもあるけど、実は釜が恐いとも言われてます 苦笑)

投稿: MINMIN | 2007/08/27 20:36

★でりさん
でりさんの噂話してましたよ、私の山仲間と。体力抜群すぎて自分はついて歩けないので、何時間も待たせている人だって。(苦笑)初見でどこでも行けちゃうって、すごい実力あるからできるんでしょうね。。。。
私は沢登りというよりも、沢歩きで、滝を見ると巻いていることが多いですね。滝がなくて、全部ナメを歩けると幸せなんですけど、そういうのがあるといいですね・・・・

それにしても、本当に暑いので、今回参加のメンバーは全員が山スキー屋さんでした。山スキー歴20年以上のベテランさんから、私が一番下っ端かな?

投稿: MINMIN | 2007/08/27 20:44

ナルミズ沢の源頭部は山スキーでも良さそうとお気楽さんが言ってます(^^)

ナルミズ沢の釜は大きくて深いけどほとんど巻けますよん、今回1回も浸かりませんでした(笑)
後で知ったのですがウツボギ沢の出合いからすぐの滝が12年前に事故が起きたところらしく、そこを通るときだけは何となくだけと怖い気がしました。でも、そこも巻くことが出来るみたいです。後はMINMINさんだったら問題ないと思います。是非行ってみてください素晴らしいですよ。

投稿: mogu | 2007/08/28 14:38

★moguさん
1回も浸からなかったとは、貴重な情報ありがとう!
12年前の事故はもちろん知っているので、どうも釜は恐いなあって・・・・ 全部巻くのもどうかと思うけど、パーティーで行って、他の人が全員泳いで自分だけ巻くのも辛いことだし・・・ 巻いて歩く傾向の人とご一緒できればいいんだろうなあ。。(大苦笑)

山スキーはぼちぼち記録が出てますね。よさそうな感じですね♪

投稿: MINMIN | 2007/08/28 21:20

でりーさんにくっついててくと岩魚のご馳走もありますが・・
ひ~ひ~になりそうです。
夏ももうちょっとで終わりそうですね~。
沢と山スキー、両方同じ場所に行けると楽しそうですが。。

投稿: お気楽 | 2007/08/28 22:56

★お気楽さん
でりさんは、沢ではたぶん飛ぶように歩くと思うので、たぶん全然ついていけないって、私も思います。沢屋はもともと石づたいにぴょんぴょん飛ぶように歩くのが普通なんで、私はそれはできないからなあ・・・・。

沢と山スキーは茂倉谷で夏冬制覇しましたよ。沢の方が自分にはとっても辛かったです・・・・。

投稿: MINMIN | 2007/08/29 19:41

ども。先日はお疲れ様でした。

初っ端の少々のアクシデントが無ければ、トップロープで
最後の大滝以外は登れたかなぁ。ま、今更ですが。

次回は来月の某沢も"癒し渓(系?)"なので楽しみです。
Yuji 兄の仰る湯檜曽谷本谷も良さげだし、ナルミズ、
米子沢も行きたいねぇ。
那須の井戸沢だっけ?も良さげですね。

いやいや、沢山残ってて困るねぇ。
北海道のプランも練らないとなぁ。ほな!

jun1!

投稿: 糸屯 一 | 2007/08/29 23:03

★糸屯一君
どうも、お疲れ様でした。
来月の某沢は私の知人がレポをHPにアップしていることに気づきましたので、いずれお知らせいたします。
湯檜曽谷本谷はちょっと自分的には難しすぎそう(水流が多いし、泳ぎがあるし。。。) ナルミズ沢と米子沢と井戸沢は狙いたいところですね。

その前に、北海道行かれるのいいなあ!
沢は無限にあるけど?、自分好みの沢を自分流に楽しみたいものです。

それから、貴殿の会社のアドレスの方に写真のことでメールしました。YUJI兄弟にも鍋さんにも送ったけど、無事に着くかなあ? もし届いてなければ、明日ご連絡ください。

投稿: MINMIN | 2007/08/30 00:02

またまた〜皆さん警戒してまんなあ。
確かに飛び石は沢屋&釣師の基本で遡行スピードに大きく影響します。
速流徒渉などでも水中飛び石を駆使すればロープ要らずやし。
まああう氏やけも氏と行くやつは私もヒーヒーいわされとりますが
でもご案内は釣りしながらの超低速癒し遡行ですのでご安心を。
ほんまやで〜嘘ちゃうで〜信じて〜....。


投稿: でり | 2007/08/30 17:16

★でりさん
飛び石は沢屋&釣り師の基本・・・やっぱり、そうですよね。本当にあっという間にぴょんぴょん行ってしまわれると、ソロで歩いているのと変わらなくなったしまうというのが正直なところです。
山スキーならば転倒しても雪は痛くないけど、くっ付いて行こうと焦って沢でこけると石とか岩とかに突っ込んで辛いのだああ・・・ 滝も全然登れないし、全部トップロープでも張ってくれるならばいいけど、たぶん、想像以上に下手な私です。

でりさんの超三味線音頭には惑わされないのだあ・・・。

投稿: MINMIN | 2007/08/30 20:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53364/16248717

この記事へのトラックバック一覧です: 癒し系沢登りを堪能~沢から尾瀬へ~:

« 自転車と減量効果 | トップページ | 針ノ木雪渓から新穂高温泉レポ2日目アップ »