« 真夏の夜のオフ会 | トップページ | 久々にクライミング »

2008/08/04

久しぶりのハイキング:川苔山(川乗山とも書く)

6月の富士山の山スキー以来、山にずっと2ヶ月以上登っていなかった私。まあ、毎年雪が消えてしまうと脱力感っつうのか、シーズンオフって気分になるので、自然と山に登りたくなる気分になるのを待つのであった。

ようやく今週末は学生時代からの仲間と奥多摩の某沢に出没予定だった。楽しみにして、パッキングも終了。土曜日の夕方に念のために私がネットで何気なく行く方面を調べていたら、入山口までの長い林道が9月頃まで閉鎖だって!  慌てて仲間に連絡取った。そしたら彼らは第二希望の泳ぎ系の沢に行きたいとのこと。私も行こうか迷ったけど、水量が多目で釜や淵が一杯、泳ぐのを楽しみましょう・・・・てな感じの沢は苦手だ。自分でも腰が引けるのがわかる・・・・。だから私抜きでどうぞ~~ってことになった。

たまたま金曜日に、てるさんから川苔山にボッカトレーニングに行くので、ボッカをするかどうかは自由だが、各自のペースで歩いて山頂と下山後にご一緒しましょ。。。。という誘いがあった。断っていたのを急遽参加することにした。これだけ暑いと、一人でハイキングに出かけるの本当に勇気が?いる。約束すれば朝起きれる。。。という作戦なのだ。(苦笑)

【8月3日(日】

予定通りの鳩ノ巣駅7:41着の電車で集合。ネットで名前は拝見したことがあるはっしーさん監督さん(ご夫婦で山登りされているので、HPは奥様作成のもの) とご挨拶。てるさんは何度か飲み会でお会いしたことあるし、日頃良くブログを拝見している。実際の山でご一緒するのは初めてだ。てるさんはご自分の体重の約2倍のボッカ、はっしーさんは体重の割りに荷物が軽すぎる・・・とてるさんに言われていた。でも、はっしーさんは前日に富士山に登ってきたばかりだから、その疲労度も加味すると丁度よいぐらいなのかな?

駅を8時前には出発。この道は最初の住宅街を抜けるのがすごく急登。川苔山に向かうこの道は本仁田山に登る道とも途中まで一緒なので、この道自体は3度目ぐらいか?ボッカをされている二人も、全然普通の速さで歩いているにはびっくり。私はこの日はやや水を多くした程度で8キロ位と全然普通のハイキングで、かつ、おニューのトレイルランニングシューズのデビューというので、本当に軽装で申し訳ない。監督さんも軽装組だ。

各自のペースで・・・というけど、この暑い中を走るとかペースを上げて歩くなんてほど、私は全然元気じゃないので、自分としてはややゆっくりで皆さんに僅かに先行するぐらいのペースで登る。大根の山ノ神の祠の所で1本立てる。思い切り汗を掻いてしまい、早々に休憩と軽く朝食。ここから先は道が3本に分かれる。以前は地図で見て左から1番目と2番目は歩いたことがあるので、ちょうど、てるさんご希望の3番目のルートはなかったので好都合。

再び歩き出すが、これが地図で想像していた以上に、完璧なフラットに近いぐらいの平坦な巻き道で、走れるコース。ただ、かなり距離がある。いつになったら登りになるんだろう?って思うほどだ。てるさんはボッカ訓練ならば、コンスタントに登り坂の方がトレーニングにいいので、この道は選択失敗だって・・・・。でも、全くの樹林帯で直射日光あたらず、風が吹き抜けて爽やか♪ 猛暑ならば沢登りに行きたかった・・・・と泣き言も言いたくなるが、さすが、神様、良きに計らっていただきありがとうございました・・という心境でした。

後半はさすがに急登になりましたが、途中、強烈に暑い箇所で風が全くなくて、さすがにここは25分ほどで1本休憩立ててしまいました。軽量な私でもこれですから、さぞやボッカの方々は大変だったでしょう・・・・・。水をボッカしている人達がいるので、水切れの恐れがないので、どんどん飲んでしまいます。水で手拭を浸し、首を冷やします。

結局、各自のペースで・・・・といいつつも、自分のやや押さえ目ぐらいのペースで、てるさん&はっしーさんも、そんなに離れず歩いて、水場分岐に到着。水場は少し下った場所なので私はパス。元気なてるさんと監督さんが水浴びに行ってました。山頂直下に壊れた避難小屋あり。ここを過ぎて僅かで川苔山の山頂、駅から約標高差1030mほどでした。

Kasanori8_3_1  Kasanori8_3_2

水を大量にボッカしていたので、山頂で水浴び大会。左:頭を冷やしてもらうてるさん、頭をごしごしのはっしーさん

2008_8_3kawanoriyama_014a 左から、てるさん、はっしーさん、私、監督

山頂からは、他の山はほとんどぼーっとして見れません。残念。お水を飲んでたぷたぶだけど、それでも相当に汗を掻いているので、これぐらいで丁度いいかも。山頂には1時間近く居た。

下りは水を大分捨てているのでお二人はかなり軽くなったようで、一同一緒に登った道を下りだす。しばらく降りたところで、私先頭、はっしーさん、監督さん、しんがりはてるさん・・・・みたいな感じで降りていた。夏の道はあちこちで虫が羽音を立てていたり、ごそごそしているので、いちいち気にはしてませんが、それなりに耳は聞いている。ある地点を通過した時には左の草むらになんか、ごそごそ・・・っていう音はしていたが、一瞬にして通過した。そしたら、前3人が通過したあとで、てるさんの悲鳴のような叫び声!! 

直ちに振り返ると、<巨大な蛇>が登山道を横断しているのです。もしかしたら、動物園以外で見た蛇の中では恐らく私の人生で一番ジャンボな蛇と思う長さ。優に1m以上あります。それが、なんと大きなカエルを飲み込もうとしているのです。ぎょえ~~~~ 絶句。腹は赤いような模様?怖すぎてあまり近くに寄れません。登山道の上部に取り残されたてるさんは、恐怖です。。。。。 ヒキガエルを飲み込めない蛇はのた打ち回っている感じでもあります。しばらく、かなり長い間我々の撮影会?とか、観察が続きます。蛙を口にくわえた蛇がさらにてるさんを噛む事は理屈では無理ですが、それでも怖いです。早く登山道から離れて欲しいです。10分以上は我々はそこに居たと思います。男性の単独の人が通りかかり、その人が先に通過。その後をてるさんがしばらくして無事通過。ふぅ~~~~。 それにしても、よく私達先行の3人は結構近くを歩いていたのに、蛇の存在に気づかなかったなあ・・・・。私は少なくとも草音を聞いた時にはまだ左の草むらに居たと思うのだけど・・・・。

2008_8_3kawanoriyama_018a クリックすると大きくなるので、蛇と蛙が嫌いな人はしちゃ駄目よ。蛙の目が光っているようで怖い。

蛇騒動も終わり、やれやれ・・・・。2度ほど途中休憩して、おしゃべりしながら下山。単独だとしゃべる相手がいないから長く感じるけど、この日はてるさんとお久しぶりにお会いしたこともあり、あれこれしゃべて楽しくて(煩かったらごめんです)、結構順調に下山。

この日、同じルートを下山したのは、実はてるさんが食べたい鳩の巣のお蕎麦屋さんに寄りたかったから。実はお店は準備中だったみたいだけど、人数が集まったので、お店もやってくれました。お蕎麦は手打ちで平たい麺。お値段もお安くて(とろろそば630円)、割と量もそれなりにあって満足。

2008_8_3kawanoriyama_023 2008_8_3kawanoriyama_025

【コースタイム】

鳩ノ巣駅 7:57頃出発 大明神の山の神 8:43~9:00 

途中休憩2回、水場分岐で3回目休憩  川苔山山頂 11:43頃~12:30頃

途中2回休憩  鳩ノ巣駅15:00頃 (今回はコースタイムきちんと取らず。概略です。)

 

|

« 真夏の夜のオフ会 | トップページ | 久々にクライミング »

コメント

鳩ノ巣といえば鳩美ですよね!
ってことで過去記事をTBしてみました。
うまくできたでしょうか。。。

投稿: あや | 2008/08/05 00:12

どうもでした。
たったか先に歩いていくので、
離れちゃいました・・・。

しかし蛇にはまった~く気がつかなかったですよ。
気がつかなくってよかったけど。

しかし、まだ肩が痛いです・・・。

投稿: はっしー | 2008/08/05 05:00

ども、おつきあいいただきありがとうございました。

はっしーのも読んで、レポって人それぞれ違うんだなっって思いました(笑

写真、カエルの目が光っててこわい…
たぶん、MINMINさんはフラッシュたいてたから?
結局、あのカエルは食べられちゃったんでしょうね。

ちょっと訂正ですが、単独の人が通過したのは私の後です。
ヘビは一番手は噛まずに二番手を噛むという話を聞いてたので、
申し訳ないけど先に行かせてもらったのです。
(単独の人が後ろから来たとき、通るなら今しかないと思いました(笑))

ネコ…(笑

投稿: てる | 2008/08/05 09:18

追加で1つ反論(笑

鳩美のそばは少ないですよ。
二人前は食べられる、きっとsmile

投稿: てる | 2008/08/05 10:09

MINMINさん、私のような初心者にも興味深い多彩な山のお話を聞かせていただいて、どうもありがとうございました。青梅線の電車の混雑にまぎれてご挨拶もせずにお別れしてしまい、失礼しました。又の機会にもどうぞよろしくお願いします。

投稿: 監督 | 2008/08/05 10:14

約束すれば起きられる...その気持ちわかるわ〜
二度寝に至福の時を感じる私は釣りでも山でも単独では何度寝坊した事か?
おそらく半分以上ですわ。

投稿: ぬがし | 2008/08/05 17:07

★あやさん
トラックバックありがとう wink
あやさんは、既に鳩美は行かれていたんですね。
鳩ノ巣はいつも登山口で使うので、降りたことなかったので、今度はあそこを寄るようにしましょ!

投稿: MINMIN | 2008/08/05 20:26

★はっしーさん
あまりくっついて歩くと、ボッカの方のペースを乱すと思って、少し離れて歩いておりました。ボッカ、お疲れ様でした。これで、週末からの夏山はばっちりですかね?

はっしーさんが私と1m位後ろを歩いておられましたよね?私は蛇を跨いだ記憶はないけど、そんなに速攻で道にあの蛇は飛び出てきたのだろうか? やっぱり謎ですね。 

投稿: MINMIN | 2008/08/05 20:29

★てるさん
うーん、単独の人とてるさんと、どうだったんだろう? あまりにドキドキして見ていたので、そこらあたりの記憶が飛んじゃっている。順番逆になったのか?私も蛇は2番目を噛むと言うので、後ろから人が来ちゃったよ・・・って思ったのは覚えてます。

鳩美のお蕎麦、これは一定水準以上の蕎麦屋さんだと、<レベルが高いほど量が少ない>というへんてこりんな法則がある?ので、ここは手打ちでそれなりのレベルの割には量はそんなに少なくなくて良心的だという意味です。都内の有名店のお蕎麦の量の少なさ・・・この嘆きを体験して、検討してくださいませ(笑)

まあ、私はこの日は水分飲みすぎてお腹がいつもよりは空いていなかった分が、評価に微妙に影響したかも。happy01

投稿: MINMIN | 2008/08/05 20:36

★監督さん
どうも、お初なのに、勝手にべれべらしゃべっていて、少々うるさくてご迷惑されていなかったか心配です(苦笑)こちらこそ、ご挨拶もできずに失礼いたしました。

今後ともよろしくお願い致します。

投稿: MINMIN | 2008/08/05 20:37

★ぬがし(でりさんかなあ?)
また名前が変わったぁ・・・(笑)
でりさんでも、寝坊されるんだあ。でも、ほとんど毎週山か釣りに行ってませんか? 私は単独が結構多いので、寝坊の回数は先週も含めて数え切れず・・・・bleah

投稿: MINMIN | 2008/08/05 20:39

へび、ヤマカガシ?
ヘビはあまり怖くないですが、見分けはつきません。 
でも赤と黒がはっきりしてるから、ヤマカガシかも。
だとしたら毒ありますから、
かえるさんに夢中になっていてくれて良かったですね。

投稿: REI | 2008/08/09 14:06

★REIさん
ヤマカガシって、ネットで調べたら、すっごくそのときの蛇と似てました。へびもヤマカガシも同じじゃないのかなあ?
毒があるって、、、ううーーーん、私らはマムシじゃないから大丈夫だなんて呑気に思ってました。

ほんと、かえるさん(それもかなり大きな蛙さんでした)に夢中でよかったです。ふぅ~~ coldsweats01

投稿: MINMIN | 2008/08/10 20:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53364/42064555

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりのハイキング:川苔山(川乗山とも書く):

» 鳩美 [AYA'S JOURNAL]
JR青梅線鳩ノ巣駅すぐそば。お子様連れなので、今回のお昼はお蕎麦屋さんに寄りまし [続きを読む]

受信: 2008/08/05 00:11

» 川苔山でボッカトレ [やまやなぶろぐ]
本日はボッカトレで奥多摩の川苔山(川乗山) に行ってきた。 1人だと出かけるまでがあまりにも核心なので、 はっしー、監督、MINMINさんにおつき... [続きを読む]

受信: 2008/08/05 12:23

« 真夏の夜のオフ会 | トップページ | 久々にクライミング »