« お陰さまでホームページ開設6周年 | トップページ | パソコンが壊れてしまいました »

2008/10/23

菊池哲男写真展「山の星月夜 日本アルプスは眠らない」

昨日は私の山スキーのバイブル本である「山スキー」の赤い本の著者であり、写真家の菊池哲男さんの写真展に行ってきた。私は東京に住んでいるのに、実は六本木のミッドタウンには初めて行くのです。。。。coldsweats01 とっても楽しみ♪

私はファンなんで、過去に写真展には2度行っている。そのときのことは、こちらこちらにも過去記事ありますので、興味のある方はどうぞ♪

さて、今回はどうだったかというと・・・・

会社は水曜日は早帰り日なので、6時にはミッドタウンに到着。富士フィルムのオフィスビルがミッドタウンにあり、そのオフィスの2Fにギャラリーがあった。

スペースがそんなに広くないので作品はそうは多くはないけど、全部題名どおりに、星や夜空、月、そして山から見た夜景のネオンの美しさがテーマ。ネオンが山から見ると、とてもイルミネーションが綺麗。まさにアルプスは眠らない。

富士山の夜行登山のライトと甲府盆地の大きな写真が一番大きな作品かな?これを撮った甘利山に行ってみたくなりました(笑) 白馬連峰をテーマにした写真が多い。雲や月が幻想的な2点もよかった。ポスターになっていた白馬の町のネオンが下にある青い印象の写真も素晴らしかったし。また立山方面から奥大日岳を手前に富山湾や能登半島が見事な夜景を映し出していたり・・・・。鏡池に映る星というのもあった。槍ヶ岳穂先の登山者のライトの列、ひっそりと映る白い水芭蕉の光景、どの作品もうっとり lovely lovely lovely

水曜日は早帰りの会社が多いので、かなり混んできて、常に菊池さんはひっぱりだこみたいな感じで、直接会話を交わすことはなかったけど、色々と解説をされている人の隣に行って聞き耳を立てて解説を楽しみました♪ 月をテーマにしていても、上弦の月、下弦の月を月齢を調べて計算して撮影するとか、そいういう話も伺いました。菊池さんはもともとはニコンに勤めるエンジニアで理学部の出身だから、撮影の話も理系の語り口でした。

撮り溜めた写真はおよそ19年間の中での傑作を展示してあるという。特に夜の写真がほとんどなので撮影にかけたワンチャンスや雪山がほとんどなので、その労力がしのばれる。銀塩フィルムとデジカメがミックスの構成とのことでした。

途中で他の2箇所やっている写真展も見る。他の写真展は元富士フィルムの社員だった方の写真家の伊藤さんの所はそれなりに人が入っているけど、とにかく菊池さんの集客はダントツで、ここだけ人がコンスタントに多い。再び戻ってきて、椅子が空いていたので、ぼんやりと眺める。大きな写真って、本当に囲まれているだけで幸せな気分でした。

2008_10_22_006  2008_10_22_008 (クリックで拡大)

結局1時間位写真展をたっぷり堪能。写真集は・・・・結構お値段が高いのでパスでした(苦笑) というよりも、大きな写真の持つ迫力を見てしまったら、ちょっと小さな写真では満足できませんわね。  

***************

その後、ミッドタウンを少し散策。ここはいかにも高そう物ばかり売っている場所?なので買うことはなかったが、雑貨やインテリア関係の4Fのフロアーが楽しかった。本当は胡椒引きのミルが壊れているので欲しかったけど、なんとあったのは、プジョー製(あのお車で有名な)のミルで、約3600円もするんだよね・・・・ 。ちょっと高すぎ。

完全なウィンドウショッピングを楽しんで、地下に降りると、ここは食事のフロアー。東京駅の丸ビルや新丸ビルほどはお値段は高く無さそうだった。フードコート形式で普通のサラリーマンが昼食を食べる場所だ。(本当のレストランは別エリアにあるそうだ。)ミッドタウン全体は六本木という場所柄で外人が多く出没する場所なので、和風テーストが随所に行かされて全体に素敵なムードだった。庭には竹林があったり、ビルの内外に水の流れを使ってムードありますね。恐らく外人さんから見て、日本を感じさせる。あのセブンイレブンでさえも、和風のインテリアで一瞬コンビニってわかりませんでした。 

なかなか、楽しいひとときでした。

|

« お陰さまでホームページ開設6周年 | トップページ | パソコンが壊れてしまいました »

コメント

よかったですね。仕事の都合がどうかなあ・・と思っていました。

会社帰りの人で混む時間帯というものもあるのですね。私はエアポケット
みたいな時間帯だったんだなあ。

ニコンに勤めるエンジニアだったのですか。知らなかった。

なまの写真を見たあとでは、写真集を買う気にはなれないかも。
それはわかります。

私もミッドタウン探検すればよかったなあ。直帰でございました(笑)

投稿: ぴとこ | 2008/10/23 22:55

★ぴとこさん
最初にえびさんのブログで、つぎにぴとこさんのブログで写真展に行かれたことが載っていたので、早く行きたかったです!
火曜日まで忙しかったので、やっと昨日行けてほっとしました。

ニコンでは花形部門のエンジニアだったと噂を聞きました。サラリーマンのお仕事も有能だったんでしょうね。

ミッドタウンは空いていたので、ぶらぶらと楽しみました。こんなに人が歩いていないくていいのかな? 写真展は後半ほど会社員の人が来やすい時間なのでかなり来てましたね。無料なのも嬉しいです。直帰とはもったいないなあ・・・。

投稿: MINMIN | 2008/10/24 00:28

MINMINさんも何とか行けてよかったですね。
TBさせて頂きました( ^ ^ )

ミッドタウン・・・なんだか慣れなくて
場所を説明する時なんかいまだに「元防衛庁」と言ってしまいます(笑)

あの写真を生で見てしまったら写真集買えないですよね。
だからあたしは何度も立ち読みです。
気に入った生の写真が欲しくなりますね。
買えないけど。

投稿: えび | 2008/10/24 01:05

★えびさん
どうも、トラックバックありがとうございます。こちらからもお返しいたしました。

ミッドタウンって旧防衛庁の敷地だったんですね。そういえば、工事中に立ち寄って防衛庁はどこに行っちゃうの?って話ていたことあったっけ。。。。

やっぱり、あの大きな写真・・・ほんと小さな写真では我慢できない!!!って思いますね。白馬に行くことがあったら、あの常設の展示の場所があるみたいだから、寄ってみたいなあ。
今回はえびさんが真っ先にブログにアップしていただいたお陰で、なんとか予定を組んで行けて助かりました!

投稿: MINMIN | 2008/10/24 21:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53364/42883591

この記事へのトラックバック一覧です: 菊池哲男写真展「山の星月夜 日本アルプスは眠らない」:

» 菊池哲男写真展 [近頃のえび]
近頃、「山の星月夜―眠らない日本アルプス [続きを読む]

受信: 2008/10/24 00:58

« お陰さまでホームページ開設6周年 | トップページ | パソコンが壊れてしまいました »