« NTTドコモのムーバ廃止 | トップページ | 左手首捻挫、そして右手首も大問題発覚で大ショック・・・ »

2009/02/02

ゲレンデスキーに復帰

1月5日に神楽スキー場のちょこっと上のBCで右足首を捻挫してから、やっとゲレンデへ復帰ヤレヤレ・・・・・

場所は朝発の日帰りバスツアーで行ける場所から選んだのですが、関越のトンネルを越す手前の群馬あたりのスキー場は今までほとんど行ったことない。チョイスしたのは、水上宝台樹スキー場

今回は、山スキーをいずれやりたいというねこけろさんと一緒だ。足の調子は大分良いので、早々に1週間前の日曜日に申し込んだら、直前の天気予報で100%大雨予報。さらに、何故か金曜日の朝から左手首に違和感。何で? 心当たりがない?!寝ている間に手首を傷めたのか?意識しないうちに重たい物を持って捻ったのか? もしかしたら、木曜日の夜に早めに行く準備をしていたので、新しく買ったゲレンデ用のカーボンストックとBC用ストックを比べるように振って遊んでいたのが原因かも?(左手はPC打つぐらいの華奢なお役目しかいつもしていないからなあ・・・・ weep 軟弱だなあ・・・・)

1月31日(土)は予想通りの朝から大雨。ツアーの集合場所は雨にあたらない場所だが、実際のバスに乗り込むまでにはかなり雨に濡れてしまい・・・・・。バスも雨の影響などもあり、新宿発7時半の予定が8時10分過ぎにようやく出発。関越に乗るまでも渋滞気味。現地到着予定時間は10時40分と元々遅いが、ようやく11時10分ごろ雨の降るスキー場に到着。

スキーもウエアもレンタルのねこけろさんとは別行動で、早々に準備をして11時半にようやくゲレンデへ。相変わらず小雨が降っている。初心者のねこけろさんがちゃんと一人でゲレンデで滑れるか、かなり心配。案の定レンタルに手間取っていると携帯で知らせてきた。

まずは初心者ゲレンデを1本。肝心の滑りは緩斜面を丁寧に滑るが、足の痛みは全く問題なし。緩斜面をもう1本滑ってから、風防リフト(第9クワッドリフト)で頂上へ。雨がやんで微かに雲間から太陽が見え隠れする。中級斜面を滑るが、いつもならかっ飛ばしちゃうところだが、今日は丁寧。やや足を取られそうな感じがする場所だと、精神的にやはり身構えてしまう。次に右手の第7ペア?リフトで上がる。途中でノートレースの綺麗な斜面があるので拾ってみるけど、湿った雪でスキーを取られそう。途中からコブ斜面に降りたが、やっぱり足のことを考え、体が逃げて、完全に守りの大回りターンでゆっくりと降りた。ちょっと足を踏ん張るのが怖い。

2009131_002 2009131_007 クリックすると拡大

お腹が減ったので食事にする。ずっとねこけろさんを探して、携帯を鳴らし、メールもするが、なんせ、ウエアの色もわからないので探しだせない。一人で食べ終る頃に、ようやく同じ食堂にねこけろさんが現れて合流。彼女はスクールに当初入る予定だったが、時間もないので午後は少し教えることにした。

水上宝台樹スキー場の良さは、初心者向けの斜面が広くて幅が広いことかな。それに空いている。ブレーキのかけ方、左右への体重移動、要はボーゲンの基礎を教える。自分も丁寧にスキーの弧を描くことで、なかなか良い勉強。緩斜面をゆっくり、丁寧に1時間位?リフト2本ほどしっかりと指導。みるみるうちに、ねこけろさんは要領を得て切り替えがうまく出来るようになるのを観て、なんか嬉しくなってしまった。さすが、運動神経がいい人はいいなあ♪  もう、この頃には晴れ間もちらほら見えるようにお天気が回復傾向。ラッキー~★

  Nekokero_22009131_010_2

  ねこけろさん と 私

自分のこの日のテーマはゲレンデ用の軽いカーボンのストックを使ってのストックワークと、カービング的な滑りを意識するの2点。左手首はテーピングしっかりしているし、ストックは本当に軽いので、滑っているときには全く痛みはない。いつも使用しているBDの重たいストックだと振り遅れ気味で、スタイルもよっこいしょ・・・って感じなのだが、さすがにいい感じでストックがつける。shine 特にショートターンではイメージした所に突けるのは嬉しい。これが習慣化され、BDでもちゃんと突けるといいなあ。

カービング滑りは、うーーーーん、ちょっと感覚を掴んだ時もあるけど、これでいいのか?って、未だに謎。全体に、もう少しスキーをうまく回せるといいなあ。やっぱり、練習だわ~~~。久しぶりにまじめに練習しました。雪質も温度が高めなせいもあって、苦手なアイスバーンでなくて、締まったシャーベット的な雪質が多く、割と滑りやすかったです。

バスの日帰りツアーだと慌しく、3時半過ぎにはゲレンデを引き上げて、帰りの準備をしなくては。ゲレンデにいたのは4時間。昼食に約30分使ったので、正味3時間半。まあ、ツアー代金はリフト代込みで5400円なので、半日券3000円相当と交通費2400円と考えると、やっぱり安いかあ・・・・。滑ったのは10本。あと1時間多く滑れるともう少し満足感が上がるけど、まあ、この値段ではやむなしか。

久しぶりに人にスキーを教えることによって、自分の勉強にもかなりなりました。足もいい感じで、あとは、予想外の左手首のダメージ、早く良くなって欲しいものです。ねこけろさんは、山登りもするし、自転車も強い(レースで優勝や入賞しちゃう方なのです!)、マラソンも私よりもずっと速くて話していて話題が合う。女二人のスキーツアー、なんか楽しかった♪

   

|

« NTTドコモのムーバ廃止 | トップページ | 左手首捻挫、そして右手首も大問題発覚で大ショック・・・ »

コメント

先日は本当にお世話になりました。おかげさまで滑れた???気がしました。忘れないように11日にガーラで1日滑ってみますね。今度は山のウェアで安く済みそうですよ。しかしMINMINさんの後ろ姿すばらしい、、惚れ惚れしちゃいました。またよろしくお願いいたしますね。しかし帰りのバスしゃべってたのうちらだけだったような。。。元気すぎ?。

投稿: ねこけろ | 2009/02/02 08:58

ああ、昔昔を思い出しました・・・。
会社の同僚と夜行で苗場に良く行っていた頃を・・。
腕前があまりに違うので(私はボーゲンしか出来ない)、別行動でお昼は一緒という行動パターンでした。 女の子同士(当時はまだ)は元気でした。

それにしても、MINMINさん、ウエアーがすっかり変わってしもうて、判らなくなりましたね。 
宝台樹はスノーシューのコースもあるので、行ってみたかったのですが、交通費が高くて躊躇っていたのですが、スキーバスを使う手がありですね!
信越方面もスキーバスって方法がありかあ・・・。

情報、ありがとうございます。
今月は沢山滑れそうですか?

投稿: REI | 2009/02/02 13:55

★ねこけろさん
滑れたイメージをなるべく忘れないうちに、練習でしっかりさらに脳裏に焼き付けてスキルアップしてくださいませ。ウエアはマーモットならば、今の時代ならば大いに胸を張って着て大丈夫です。昨日の場所はリュック背負っている人がまだ少ない方だけど、本当に目茶苦茶最近は多いのでびっくりすると思いますよ。(ガーラは少なく、神楽はすごく多い)

後ろ姿が惚れ惚れ・・・な~んて、誉められると嬉しいけど、見る人が見ればアラが一杯ですcoldsweats01  帰りのバス、確かに・・・。でも正直疲れるほど滑っていないんだもん・・・

投稿: MINMIN | 2009/02/02 20:04

★REIさん
宝台樹にはスノーシューのコースがあるんですか! 霧氷っぽい樹林が上の方がうっすらと見えて綺麗でした。晴れていると谷川岳とか見えるらしいので、見たかったなあ。。。

昔は上越も全て夜行列車でしたね。越後湯沢に夜行で行ったのが懐かしいです。土曜日はお昼も合流できなくて寂しかったら、やっと食べ終わる頃に合流できてほっとしました。少し一緒に練習もできて、人に教えることは自分も学ぶことなので、これは仕事も遊びも同じだな・・・・なんて真面目に思ったりしました。

ウエアはお店で見た時の照明の感じでもう少し赤いイメージだったのですが、実際外でみると茶色みたいで地味過ぎです。もう少し華やかなイメージを希望していたのですが。地味すぎるので今回は帽子を好きな色で明るくしてみました。

スキーバスは片道だけでも使えますよ。信越方面ならば夜行バスもあるし。帰りは電車の選択もできますよ。やっぱり、バスは安いですね。だけど、時間の制約が・・・。

投稿: MINMIN | 2009/02/02 20:14

スキーに行けるほど復活したんですね。
よかったー(^^)

投稿: えび | 2009/02/03 23:26

★えびさん
スキーに行ってきましたsnow
ご心配かけましたcoldsweats01

投稿: MINMIN | 2009/02/04 00:23

祝ご復活!!
良かったねぇ、後引かなくて。でも登りはどう?

宝台樹スキー場はまだ子供が小さい頃、馴染みと言っていいほどのペンションがあってよく通った場所です。今でも年賀状のやり取りしてるほど。

ストック一つで滑りがすごく変わることがあるってこの間ガイドさんから聞きました。私のBDの3本伸縮も相当重いんです。

投稿: 常吉 | 2009/02/04 23:53

★常吉さん
それが・・・・、スキーの足は大丈夫になってきているのですが、手首の方が問題crying で、山は重たいストック使うので、無理かなあ・・・。軽いストックのゲレンデならば大丈夫か?

宝台樹スキー場、初心者と中上級者向けのバーンがそれぞれあって、あの規模のスキー場としては楽しかったです。あとせめて1時間は多く滑れば全貌がつかめたのですが、今回は時間切れで残念。

自分はストックでリズムを掴んで滑っている要素が高いので、滑りはゲレンデ少し滑っただけでも、かなりいい感じでした。長さも大切だし。3段式のBDも重たいですか?私の2段よりは少し軽くなかったかしら? 八甲田に行かれるようだけど、雪が・・・降れ降れですね。

投稿: MINMIN | 2009/02/05 21:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53364/43930067

この記事へのトラックバック一覧です: ゲレンデスキーに復帰:

« NTTドコモのムーバ廃止 | トップページ | 左手首捻挫、そして右手首も大問題発覚で大ショック・・・ »