« しばらくブログとホームページをお休みします。 | トップページ | ひさびさにブログを更新・・・ »

2011/10/19

ブログとホームページをぼちぼち再開いたします。

9月12日に母が急に入院したところ、すでに手も付けられない末期癌と判明。余命いくばくもないと医師に告げられたのが9月14日。それから、あっという間に母はあの世に旅立ってしまった。

毎年、夏になると夏痩せしていた母なので、今年もそうだと信じていたけど、実際は10年以上前から病魔は密かに潜んでいたということだった。癌の発見はごく早期か末期がよい・・・・・と本などには書いてあるけど、長きにわたり癌と闘うなんてことはできない母なので、最期まで告知せずに、闘病生活も実質1か月以内で済んだので、それはそれなりによかったのかもしれない。



そんなわけで、寂しい秋の訪れとなりました。しんみり・・・

今年は春から大震災でずっと仕事が大変、やっと落ち着きそうになったら手間のかかる新人の教育係を仰せつかり、まだ夏休みもとれないでいたら母の入院と・・・・・・ 忌引きで休んだ仕事の分やら今も台風の強烈な被害が爪痕を残しており、全く山に行ける環境でもない状態・・・・・。

ただ、せっかく続けてきたホームページとブログなので、アウトドア生活ができない環境の間はせめて書いていないネタでも、気晴らしに少しずつ書いてまたいこうかなと思ってます。ちょうど、明日の10月20日でこのホームページも満9周年。継続は力なりかな・・・・・。

更新頻度は遅いけど、たまには遊びにのぞいてみてくださいませ。今後ともよろしくお願いいたします。

|

« しばらくブログとホームページをお休みします。 | トップページ | ひさびさにブログを更新・・・ »

コメント

こんばんは、どうしたのかなと心配したのですが大変でしたね。
ホームページとブログ、続けてくれるとのことで少し安心しました。
忙しいと思いますが、お体に気を付けてくださいね。

投稿: mogu | 2011/10/19 19:47

ご愁傷さまです! 
私んとこも 両親共 要介護で ちょこちょこ 実家に通う日々が続いております! 
ま 我々もそういう年代に入りましたね! じわじわくるでしょうが お元気で!

投稿: HEIDI | 2011/10/19 21:25

★moguさん
精神的にやっぱりがっくりしてます。
色々と想うこともあるし、会社の仕事は急き立てるようにあるし・・・・。
体調管理だけはしっかりしたいものです。

投稿: MINMIN | 2011/10/20 00:10

★HEIDIさん
コメントありがとうございます。
ご実家に最近はよく帰られて、いろいろと家の仕事をされているなと感心していたのでしたが、ご両親ともに要介護状態とは大変ですね。
親孝行したいときに親はなし・・・という格言通りですから、しっかりご両親に孝行できるHEIDIさんはいいですね。
私も、もっと実家に顔を出すことにするように改心いたしました。coldsweats02

投稿: MINMIN | 2011/10/20 00:15

まさか末期癌であられたとは... お悲しみはいかばかりかとお察しいたします。
お父様も気落ちなさっていると思いますので、どうかお大事になさってください。
お母様のご冥福を心よりお祈りいたします。

投稿: | 2011/10/20 03:32

いろいろと大変でしたね。
悲しみは後からじわじわとやってくるでしょうが
それも故人を忘れない気持の現れですから、お辛いでしょうけど、そんな気持に添うてください。
そのうちには、故人の写真に笑顔で語れる日がきますよ。

投稿: ぜいぜい | 2011/10/20 10:53

★名無しの方
たぶん、お名前を書かれていない方は〇〇〇さんでしょうか。
遅い時間のコメントですから・・・・

コメントありがとうございます。
風来坊のように?あまり家に帰らなかった私ですが、今後は家族孝行をしたいと思ってます。

投稿: MINMIN | 2011/10/21 00:14

★せいぜいさん
すっぽりと喪失感というのでしょうか・・・
時折思い出しては涙ぐみたい気持ちにかられてしまいます。
もっと実家に多く戻っていれば・・・と思うと、山登りやほかの色々なことをして楽しんでいたのが悔やまれます。

いつか笑って写真を見ることができる日がきますように。

投稿: MINMIN | 2011/10/21 00:18

minminさん、おはようさんです♪
そんな事情があったんですね。私の両親はまだ
健在ですが、母親の脚が弱っているので心配です。

また、記事のアップ楽しみにしています(^^)
健康第一ですよ!

投稿: YAMA | 2011/10/21 06:42

なかなかつらい事情だったんですね~。
少しづつHPやらBLOGに向かう気力が出てくれば・・

仕事の環境はなかなか自分だけでは替えられないけど時が解決?
してくれるのを期待しましょう。。

投稿: | 2011/10/21 11:17

↑でした

投稿: お気楽 | 2011/10/21 11:17

お母様の御冥福を祈るとともに、MINMINさんの寂しさを思うと胸痛みます。

親を失うと言うのは、順番から言って当たり前の事ですが、色々な物から守られていた防波堤で有ったと気付かされる辛い試練ですね。
お仕事が忙しい様で、大変でしょうが、日々に追われるのも悲しみにばかり浸りきれない分、正面から向き合わずに済むとも言えるかな。

寒くなってきましたから、風邪など引きませんように。

投稿: 山百合子 | 2011/10/21 14:53

★YAMAさん
親を亡くした悲しみは、なんとも言い難いものです。
ご両親ともに健在とは誠に喜ばしいことです。
老いは足から・・・というので、是非お母様も足がこれ以上弱らないように・・・・

もう少し精神的に元気になったら、ブログ巡回も再開したいものです。

投稿: MINMIN | 2011/10/23 20:32

★お気楽さん、
たしかに仕事の環境は自分だけでは変えられないけど、今育ているよちよち歩きの新人が少ししっかりしてきたので、8月よりは楽になった気がします。もう少したてば、地震も台風も落ち着くかなあ・・・・と。

お気楽さんもとうとう帰京というのか、帰埼されるので何よりですね。

投稿: MINMIN | 2011/10/23 20:34

★山百合子さん
どうも、お言葉ありがとうございます。
母には多くのものを返すことができなくて、もっと親孝行していれば・・・と思うと悲しい気持ちになってしまいます。あまりにも専業主婦の人生と違う生活を送っている私が、母にとっては遠くに行ってしまったようで寂しかったと思うと、もっともっとそばにいてあげれば・・・と。

確かに仕事忙しいと、気がまぎれるのが少し救いです。
ゆるゆると喪に服した生活を送るのも、また供養かなと。

投稿: MINMIN | 2011/10/23 20:39

続けることが何よりです。そこでまた出会い、発見もあるはずです。それが生きることの意味でもある。私は…、今年は山に行かなかったな-。8月にしらびそ小屋に行ったくらい。でも、山も、続けます。

投稿: 池口 | 2011/10/24 09:36

★池口さん
9年間続けてきて、やっぱり大切にしていきたいホームページとブログなので、できるペースでゆるゆるとやっていこうと思ってます。
私も以前も年に1回ぐらいしか登っていない年もあったような気がするので、今年は3回行っているので、まだマシなほうかしら・・・・。しらびそ小屋は泊まったことないけど、ムードのある場所ですね。

投稿: MINMIN | 2011/10/24 21:28

コメントありがとうございます。しらびそ小屋は、質素ですけれど、居心地の良い小屋です。私が最初に泊まったのは11月でしたが、泊まり客は、私たちを含めて2パーティだけ。「明日の朝の出発は6時くらいかなぁ」と小屋のお母さん(←本当にそんな感じ。でも、働き者)に言ったらば、「あなたたち、そんなに慌てなくてもいいわよ。どうせ暗いじゃない」と言ってくれて、怒られまいとしてこちらが言ったのを察してくれたのですね。で、朝はブルーベリージャムつきのトーストを特別に出してくれて、結局、小屋を出たのは10時頃だったような(笑)。そんな小屋があっても良いと思います。

投稿: 池口 | 2011/10/24 21:47

★池口さん
たしかに、当分は癒し系の山に行きたいものですね。
年初にどかーんと海外遠征したので、しばらくのんびりと日本の山らしいところを楽しみたいところです。時間を気にせずに行動できるのはいいですね。

投稿: MINMIN | 2011/10/26 21:25

ブログやHPのお休みは、仕事が忙しいのかと思っていましたが、大変だったのですね。

ご冥福をお祈りいたします。

昔から言われている言葉は、自分の身に降りかかってきて、はじめて身に沁みるものですよね。
親孝行、したいときに云々という言葉を、今でも時折噛み締めています。

闘病生活が長いのもつらいのですが、だんだん覚悟のようなものができます。
1ヶ月という短い時間だと、家族の方は、後から感じる喪失感が大きいことと思います。

MINMINさん自身も、体に気をつけてくださいね。

投稿: ぴとこ | 2011/10/29 21:19

MINMINさん、HP&ブログの休止は、このような御事情だったのですね。
お母様のこと、お悔み申し上げます(合掌)

私も14年前の今頃、(まさかの)父の末期癌の宣告を受け、告知しないことを
選択し、その後45日間、病院での看取りを経験しましたので、MINMIN
さんはじめ、お父様の衝撃や悲しみはいかほどのことかとお察しいたします・・・。
父の看取りをし、人生観が変わるほど多くのことを学びました。

これからゆっくり時間をかけ、喪失感や心の痛みを癒すべく御自愛くださいね。

投稿: ハイジ@埼玉 | 2011/10/29 23:21

★ぴとこさんどうもご無沙汰してます。
>昔から言われている言葉は、自分の身に降りかかってきて、はじめて身に沁みるものですよね。
本当にそう実感しております。ぴとこさんも先年お母様を亡くされましたね。定期的に九州に看護に行かれていたことを記憶しております。場所も離れていて大変だったでしょうね。

あっという間にいなくなってしまって、悔いが残ってます。cryingcryingcrying

投稿: MINMIN | 2011/10/31 23:26

★ハイジ@埼玉さん
お父様も同じような形だったのですね。45日間というと、ほぼ2倍の時間を病院で看取りをされたのですね。肝心の最後には私は見送ることもできず・・・・
>父の看取りをし、人生観が変わるほど多くのことを学びました
ほんと、じっくり先のことを考えたくなります。
いろいろと想うことが多く、なんと表現してよいのやら。

投稿: MINMIN | 2011/10/31 23:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« しばらくブログとホームページをお休みします。 | トップページ | ひさびさにブログを更新・・・ »