« 某業界駅伝 | トップページ | 竹内洋岳著 「標高8000メートルを生き抜く 登山の哲学」 »

2013/04/10

板橋Cityマラソン 体験記

またまた久しく更新しておりません。相変わらず事情あって山には行っておりませんが coldsweats01先日はフルマラソンをなんとか完走できました。3月になってからインフルエンザになってしまい、練習はわずか2回 sweat01 sweat01 sweat01 よっぽど棄権しようかと思うほどでしたが、せっかく参加費を払ったのでテンション低いまま当日を迎えました。

さて、どんな具合だったかというと・・・・

2013年3月24日(日) 天気 曇り
昔の荒川マラソンがいつの間にか名前が変わっているけど、荒川河川敷を走るのは同じ。よく荒川沿いは自転車で走っていたので久しぶりの気分だけど、おなじみの景色

当日は埼京線の駅から歩いて行けるのでラン大会としては便利な場所。これぐらい近いと嬉しいです。更衣室テントには椅子、ドライヤー、鏡まで置いてあって、混み具合も酷くないので着替えやすい。トイレは一部長蛇の列だったけど、少しだけ外れると待ち時間なしだったので本当に嬉しいnote マラソン大会といえばトイレの待ち時間で悩まされるのでこは得点高いです。でも、その後の荷物預り所は長蛇の列。号砲の前に荷物置けるか微妙だったけど、辛うじて荷物を置いてスタート位置にダッシュ。3分位前に準備が整いヤレヤレ。

だらだらとスタートが始まって、スタート位置を通りすぎる際にスマホのセット
(GPS機能で測定予定)と腕時計を二つセットするけど、どの位置が正確なスタートかイマイチわからずロスタイムは7,8分位か?

お天気は陽が陰っていて若干肌寒い位なので走るにはちょうどよい。今回はとにかくいつも以上にゆっくり走るように心がける。前日の練習でもハムストリングがイマイチ調子よくなかったし。河川敷であまり路面がよくないので足元は十分気をつけないとならない。舗装道路が大部分だが、石ころが転がっていたり、路面工事で砂利道も結構ある。

たぶん最初の3キロと行くか行かないかのうちに右ハムストリングがやや痛むことが発覚。前日と同じ展開。でも丁寧に走ると痛みが酷くならないので、ひたすら我慢の走り。決してスピードは出してはいけない。5キロで大体32分程度。今までフルマラソンの大会に出た中で最もスローな入りだ。 

その後も焦らずタラタラ走るが、ハムはそのままの違和感だけで保っている。だんだんトイレ行きたいモードになったが、どのトイレも混んでいるので我慢。10キロ通過は~62分位。通過してすぐのトイレの3番目に並ぶ。公園の常設トイレなので割と快適。ロスタイム4分。

同じペースを保ちながら、時折現れる給水所ではほぼ必ず給水。砂利道がここまで何箇所がでているが、以前よく自転車で走っていた頃よりはだいぶマシになったような? 15キロを過ぎる頃からか?トップ集団とすれ違う。今日は友人や取引先の人なども走っているのでどっかですれ違えると嬉しいなって探しながら走るのが単調なマラソンには楽しみです。

たぶん15キロ前後の給水所でこれから先のハムの痛みが悪化しないように、鎮痛剤を1錠飲んでおくことにする。鎮痛剤は通常30分程度は効くまで時間かかるので、痛くなってからだと遅いのです。(2錠持参。もっと酷くなったらもう一錠は追加するつもりでした。)

無事に折り返し地点を通過して、ハムの痛みもまずまず。再びトイレ行きたいと思いつつも、気を紛らせてます。バナナやチョコパンなどをつまみながらも走るので 、これだけ食べればシャリバテにならないでしょう。タイムが遅いので遅いので待ち時間ゼロのトイレを狙ってます。やっとあった!と思ったら、単なる倉庫だったりして。トイレ行きた過ぎて幻想をみた? (爆) 荒川河川敷は仮設トイレも豊富にあるけど、河川敷公園の常設のトイレも結構あるので、今まで参加したフルマラソン大会の中ではもっともトイレ事情はよいという嬉しいこともわかってきました。

やっと30キロ直前に常設の公園のトイレが見つかって、すぐに入れてラッキー。ロスタイム約2分。やっとトイレ済ませてふぅーーー。気分もずっと良くなり、楽になりました。心配のハムもそこそこのレベルの違和感ぐらいで、いつものお決まりの苦悩はありません。35キロ過ぎたらしんどいんだろうな・・・と思いつつも、トイレ我慢していた時よりも気分もよく、ストレッチを38キロ位で初めてやったぐらい? 39キロ位の位置に名物のシャーベットステーションがあり、美味しかったup 脳天がしびれる冷たさで、この時だけは歩きながら食べましたが、これ以外は歩いてません。いつもなら25キロないし30キロぐらいから歩くことは毎度だったので、これは意外。

さすがに40キロ越すとしんどくてラストスパートかけているつもりだけど、全然速く走れません。なんだか天気も晴れてきてやや暑くなってきました。(今日は後半が雨予報だったのに、どうしたんでしょうか?)いつもなら歩いているのに、今日は自分ながら偉い! タイムは4時間30分を越すのは必須なので、このあたりだと歩いている人の方が多くて、走っている人の方が少ないです。ゆっくり走っていても恐らく数百人単位で抜けるのはなかなか快感。

無事に4時間50分台でゴール。ジャスト7分がロスタイム。ネットもグロスも5時間を切れたので練習不足の割によくやったかな?

今回の最大の収穫は、初めて走りとおしたということです。

いつもだと歩きが2~10分程度入ってのゴールでした。今回はシャーベットタイム以外全部走れました。実にフルマラソン6回目のことです。まさにうさぎと亀という感じで、初めのペースが速くて後半失速するよりも、終始休まずカメさんの方が確実にゴールできる、それに体の負担も軽いというのが実感できました。タイム的には今回はワースト2番目だったけど、終わった後からがしんどくなかったです。

マラソンって深いなあって心から感銘いたしました。終わりよければば全て良し・・・ということで結びたいと思います。最後まで読んでくださってありがとうございました。

|

« 某業界駅伝 | トップページ | 竹内洋岳著 「標高8000メートルを生き抜く 登山の哲学」 »

コメント

マラソン完走、おめでとさん!
なるほど、ウサギと亀ですね(^^ゝ

私は右太腿の故障が長引き、ランニングは
辛い状態。右太腿が左より3cmも細くなって
います。医者で見て貰ったけど原因不明...

ただいま、土の上でトレランもどきだけして
いますが、筋肉量が違うとバランスが悪く、
無理すると他の所を痛めます。トホホ...

投稿: YAMA | 2013/04/10 08:04

YAMAさん、お久しぶりです。
すごく第二の人生をエンジョイされているようですけど、脚の太さが3センチ変わってしまうとは、かなりダメージあるみたいですね。もともと同じって人はいないでしょうけど。

ランはバランスよくないと、どこかに負荷がかかって体の故障にすぐにつながってしまうみたいです。私も右のハムが痛むのは筋力不足もあるけど、恐らく脚の長さが骨盤レベルではちょっと違っていて、右に負荷がかかるせいかな・・・とか思ってます。

ゆるゆる亀さんでも楽しめる方が良いので、今回のマラソンはよい教訓をいただけました。本当はウサチャンが大好きな自分ですが。happy01

投稿: MINMIN | 2013/04/10 21:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 某業界駅伝 | トップページ | 竹内洋岳著 「標高8000メートルを生き抜く 登山の哲学」 »