« 映画「エヴェレスト 神々の山嶺」 | トップページ | 山復活? 猛暑だけど意外に爽やかな景信山~高尾山 »

2016/08/07

NHK にっぽんトレッキング100「知床編」を見て

とりあえず、気になる山関係のテレビは一応録画しておいて、気が向けば見るというので、最近見た番組の感想で、ちょっとこれは・・・ということがあったので、書いておく。

内容は知床半島の羅臼から先の道がない部分を海岸線を歩いて知床岬まで歩くプラン。

ダイジェスト版と2回に分けての放送もどっちも見たけど、とっても気になったのが熊対策のこと。歩いた方は高橋正太郎さんというアウトドアライターの方。私がよく読んでいた「岳人」や「山と渓谷」ではほとんど見かけない人だけど、たぶんビーバルとかもう少しソフトな路線のまさにトレッキングというジャンルを得意としている人のようだ。

その方は知床に20年間以上通っているという。何度もこのルートを歩いたというので、その勘もあるから一般の人とも違うのかもしれないし、海岸線がメインのトレッキングだから違うというのもあるかもしれないが。

熊対策で、この方は鈴を鳴らさずに、危なそうな場面場面で笛を使って対応するというやり方。なぜ鈴を鳴らさないかという理由は、「自然の音をかき消してしまう、本当の動物の息遣いを消してしまう、うるさい…等」の理由だった。

確かに今回の取材旅行のようなNHKスタッフを従えて(おそらく最低でも4~5人程度のパーティと思われるが)の旅ならば、ヒグマも気配をかなり感じられるだろうと思う。だけど、1人とか2人で旅することになったのならば・・・・

「先方が見えないところの手前や、先がカーブで見えない場所」などは笛を吹くnという。もちろんそれは大正解。でも、急登の途中やら、ずっと笹薮が続くような場所では、そんなに笛は吹けないものだ。知床は海岸線は見通しが比較的効くだろうけど、一歩山のほうに入れば藪は当たり前。最後に登ったウ ィーヌプリの山に登る藪斜面もほとんど笛は吹いていなかった。

ヒグマでなくても、東京近郊の山でも結構、人が入っていない場所では熊の気配を感じられることは多い。おそらくあの時クマが近くに痛みたい・・・なことは何度か自分でも経験がある。意外な処で遭遇するからこそ、クマとばったりなのであって、こんな高橋さん流の対応では、怖くてたまらないなと思う次第。

そんなに本格的な沢登りはやったことがない自分だけど、簡単な沢登りレベルでも場所によっては藪漕ぎって当たり前にあって、こんな状況で笛をコンスタントに吹くなんてできないよね・・・。とりあえず、鈴をつけていれば熊の方が避けてくれるからいいじゃない・・・と思う次第。

確かに山の中で人が多いところでジャラジャラ必要以上に鈴を鳴らすのは困るが、少なくとも、かなり人がいないようなマイナーなエリアで、この番組を見て、変にまねして熊対策に油断ありの人が多くならないことを願う。ビギナーが多く見そうな番組だったので、残念。

それから、最後に、知床岬からはどうやって戻ってくるのか、それとも岩尾別側に行くのかが不明だった。NHKだから船をチャーターなのかなあ・・・。

|

« 映画「エヴェレスト 神々の山嶺」 | トップページ | 山復活? 猛暑だけど意外に爽やかな景信山~高尾山 »

コメント

ご無沙汰です。

7月に日高に行きましたが、持って行った鈴やベルは使わず、二人ともホイッスルだけでした。

鈴は、その人が言うように、ずっーと鳴ってると、こっちの耳が慣れイマイチなのです。で、ラジオも鳴らしません。ま、色々、意見はあるのでしょうが、日高だと鈴・ラジオは道外の人が多いかな。(カムエクで擦れ違った、鈴つけてた道内の人達はライフル持ってて驚いたけど)

沢筋とか藪だと、鈴は相当に大きくないと風上にいないと聞こえません。風向き重要。笛が吹けない程の疲労は救助要請を考えるレベルではないかな。私達は、毎回、バテバテでしたが笛くらいは吹けました。

ま、私の場合、6月のウツボギ沢では、実は鈴を付けてましたが、同行の後輩曰く「音、出てませんよ」と。確かに、昔、カミさんと大雪に行った時に、私のザックの鈴とベルの音が小さく、カミさんのに付けたら、結構、音がした..てのもあり、自分には向いてないと思ったり。肘とか腰回りなら効果あるのかな? ちと、鬱陶しそうだが。まぁ、ないよりマシ程度に思ってます。

とはいえ、暑寒別で聞いたのは、鈴のチリチリンを虫と思う熊もいるとか。真偽不明ですが、蜂の巣近くに虫がいるから? これだと、熊寄せで逆効果。私の笛も熊が気にする周波数(高さ?)とからしいが、これも真偽不明で。寄ってくるなら、嫌だなぁ。

21世紀になっても、効果的方法が確立していないのは、それなりに対応が難しいのでしょうかね。

投稿: 糸屯 一 | 2016/08/27 16:39

糸屯一さん
コメント気づくの大変遅くなりまして、大変すいませんでした。

日高の沢体験者からの貴重なアドバイス、改めていろいろ思いました。
自分は実は笛を吹くのが好きでないのが根底にあるのかな・・・・。肺活量少ないし、普段でもたとえば風船を膨らませるような肺を使った何かって苦手。。。
その一方で、鈴はかなり大きな鈴も持っているし、そこそこ大きな音をたてるのをもってます。
それを自分の手に取れる場所にぶら下げていて、なっていないで手で激しく時折鳴らしたりすることもしてます。
でも、今回ご指摘の風上かどうかの件、こう考えると深いですね・・・・。

やっぱり、こうやって自分の意見を書くと指摘してくれることもあり、気づきが多いですね。
ありがとうございます。

投稿: MINMIN | 2016/09/11 11:44

笛にも依るのでしょうが、ほんと、軽く吹くだけで、かなり大きな音は出ます。肺活量が女性以下の私がバテバテでも大丈夫でした。でかい音の出る鈴と比べても、出る音量が全然違うので、次回はご検討を。

あと、以前、NHKで見たのは、熊は空のペットボトルをボコボコ(?)と潰す音を嫌うという件です。今回もカムエク、神威岳、風不死で試しました。
ただ、疲れて来ると、握力が落ち、大きな音は出せませんねぇ。木とか岩にぶつける音は、そんなに大きくならないし。この音は犬も嫌うらしいですね。野犬対策にもなるか?
普通のヤツより簡単につぶせるタイプがいいのかも。一日しか持たないかもしれませんが。

投稿: 糸屯 一 | 2016/09/19 13:22

私の持っている笛はプラスチックの安いのなので、やはり金属性のを購入しないと熊対策にはならないですね。ちょっと、今度まじに山に行くときには導入を考えますね。
知人が上高地のすぐそばのメインの通りで、この夏に夕方にクマにばったり遭った話を聞いているので、マジに対策をしなくては・・・と思っているものです。

ペットボトルのつぶす音って微妙ですね。まじに実験されたとは。そんなに大きな音がでないので、やっぱり笛と鈴の兼用ぐらいが現実味があるところでしょうか。

それにしても、この秋は4連休にでもしようと思っていたのに、こんなに雨では・・・・。せめて2日間ぐらいは晴れないかしら。先日は、鳥取の伯耆大山に登り、どうやら登りは3時間程度、全行程で5,6時間程度ならばなんとかなる・・・という足の具合だとわかってきたので、どっか行きたいのにね。

投稿: MINMIN | 2016/09/19 18:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 映画「エヴェレスト 神々の山嶺」 | トップページ | 山復活? 猛暑だけど意外に爽やかな景信山~高尾山 »