2014/02/11

TLTの使用感と新規購入の板&ブーツ&シールのこと

今年導入した山スキービンディングのTLTの使用感について、以下自分の気づきをまとめてみました。(ラディカルST)

購入前にはお店の店員さんで教えてもらったことと、軽くてそれなりに操作が難しいということしかわかっておりませんでした。事前によくビンディングの仕組みを習得練習してから八甲田に行きたかったのですが、1泊2日でかぐら&石打のゲレンデと滑った位と、かぐらの1時間弱のお散歩位のシール登高ですから、ちょっと本当に豪雪の八甲田で大丈夫かなと心配しておりました。

以下、自分のまとめ↓

続きを読む "TLTの使用感と新規購入の板&ブーツ&シールのこと"

| | コメント (2)

八甲田スキー覚書

今年も酸ヶ湯ベースの八甲田スキーに行ってまいりました。
このために?、板&ブーツ&シールも全て新調shine
板を太くして、TLT仕様にしました。本当に驚くほどお金がかかってしまいましたが、どうだったかというと・・・・

以下、ご興味のある方のみ。ほとんど自分のための備忘録。

続きを読む "八甲田スキー覚書"

| | コメント (2)

2013/02/17

八甲田の写真

八甲田の写真は、滞在期間の半分以上お天気が悪かったので、天気のよい日しか撮っておりません。わずかですが幾つか貼っておきます。
本当は、暴風雪の動画とか撮っていれば、すごい迫力でしょうけど、寒すぎて撮影辛いので撮っておりません。coldsweats01 だから、とても穏やかな八甲田の景色ばかりですが、本当は厳冬期はすごく気象状況が厳しいということだけはお含みおきください。

(写真は全てクリックで拡大)

 201302_20  2013_2_25  2013_2_30  2013_2_56  2013_2_65  2013_2_92 2013_2_116  2013_2_134  

2枚目の写真は八甲田から見た青森市内と陸奥湾の海岸線、最後の写真は酸ヶ湯温泉の女性専用風呂(玉の湯)…混浴の方は千人風呂と呼ばれて有名です。

| | コメント (4)

2013/02/13

八甲田備忘録 その2

思いつくまま、備忘録の続き

●八甲田のスキー
はアプローチが遠くてネック。それでも、東京からだと今は新幹線が新青森まで開通したので、とても便利になった。去年久々に行って、あらためて良さを実感。

●厳冬期は青森発着の飛行機は朝一番などは常に発着できない可能性あり。この2月の3連休初日は、関西発⇒青森上空着陸できず、羽田着⇒青森だったらしい。常連さんの話では3回トライしてやっと着陸できた話もお聞きしたことあり。

●酸ヶ湯ツアーにせよ、他のツアーにせよ、朝一番の飛行機で飛べば、なんとか午後スタートのツアーには参加できるようになっている

●朝一番の新幹線ではその日のツアーは実質無理か、人数集めてタクシーで行かないと無理。

●前日夜のうちに青森のビジネスホテルに泊まって、朝一番の酸ヶ湯の従業員バスや人数集めてタクシーが実質的(夜間は道路閉鎖)。飛行機とホテル1泊セットが安い。

●ごく一般的には飛行機と宿のセットでツアーで来る人が多い。

●今年の場合は、2月限定で駅ねっとのチケットで青森まで新幹線での片道50%オフで、8200円位のチケットを入手した自分。

※酸ヶ湯泊りの場合に、ガイドさんのHPの「八甲田山歩」のアクセス についてのコーナーの記述が詳しい。


まだ読みたい方は、↓

続きを読む "八甲田備忘録 その2"

| | コメント (0)

2013/02/12

八甲田スキー備忘録

去年の夏はまとまった夏休みもとらなかったので、年に1度取れる1週間の連続休暇を今回取って、八甲田・酸ヶ湯でスキー三昧してきました。

この時期は厳冬で風雪が強いとロープウェイ止まってしまうので、なかなか微妙。でも、一度はやってみたかった1ヶ月マンスリー券買ってしまいました。happy01 元が取れるのかなあ…ドキドキ。

自分の備忘録なので以下興味のある方はどうぞ↓

続きを読む "八甲田スキー備忘録"

| | コメント (2)

2012/04/30

尾瀬山スキー 速報

GW前半は去年と同様、尾瀬の山スキーに行ってきました。

初日は至仏山ムジナ沢、二日目は大白沢山、三日目は鳩待峠まで戻り。
優雅に?風呂付の山小屋に泊まってまったり♪

Oze2_2 (写真はクリックで拡大)

取り急ぎ写真ペタン。

| | コメント (2)

2012/04/23

鍋倉山 山スキーレポ

マラソンが終わったので、ようやく山スキーに復帰。

パウダーで有名な鍋倉山に、春山気分を味わいに行ってきました。マラソン前から風邪気味だったのを未だ少し引きずっているので、行程が長くなくて助かりました。
coldsweats01

レポは↓ から

続きを読む "鍋倉山 山スキーレポ"

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2011/05/01

GWは尾瀬の至仏山と赤倉岳で初滑り♪

GWは前半3日間が今回の休暇。3-5日は中日がお仕事にて遠出できないweep

天気も不安定だし、北アルプス方面は雪崩の情報があったので、安全と思われる癒し系の尾瀬の山へ山スキーに行ってきました。

初日はなんと今シーズン初めての初滑りnotenotenote

初滑りで至仏山のムジナ沢を滑走。新雪も残っていて、大斜面を滑走で気分よし。

二日目は雑誌の「岳人」2002年でマイナー名山12山で紹介された、赤倉岳に登頂!
そんな山知らないよ・・・・という人はごもっとも。道がない山で、この時期残雪を拾って登る山という感じです。曇り時々小雨ながらなかなか展望が良かったです。帰りには、ススケ峰のノートレースのバーンを私達三人だけで独占! 人知れない良い滑走ルートでした。

本日三日目はまだ残る仲間二人と分かれて私だけが鳩待峠に下山しました。小雨が少し降る程度ですが、あまり気にならない程度です。

至仏山だけは大賑わいでしたが、それ以降は静かな尾瀬を堪能いたしました。

写真などは後日アップ予定。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/02/22

柳の下に2匹目のどじょうは居なかった・・・・

1月にメチャ美味しい想いをした某スキー場からの謎のルート、前回のリフト運行敗退にめげず、3度目のトライに行ってきました。

【2010年2月20日(土】

いつもの同期トリオ(糸屯一君、YUJI君)に加え、やっぱりパウダー大好きで山屋なYUJI兄様も栃木から参戦。今回は事前にスキー場にも電話でリフト運行を確認しているので、バッチリ。だけど、最近雪が降っていないのが気になるところだ。途中の関越が事故渋滞で、9時半頃にやっと駐車場に到着。

2010_2_20iwakura_002 
写真は全て クリックで拡大 YUJI君と、糸屯一君

ゲレンデ脇でシールをつけて山に入る準備を整えて、

続きを読む "柳の下に2匹目のどじょうは居なかった・・・・"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/15

武尊山スキーと謎のルート

写真を幾つか貼っておく。夜になると眠くてたまらない・・・・

2010_1_9_10hotaka_iwakura_017  2010_1_9_10hotaka_iwakura_019b

2010_1_9_10hotaka_iwakura_023  2010_1_10_imgp0787 2010_1_10_imgp0788 写真は全てクリックで拡大

| | コメント (0)

より以前の記事一覧